夫が不倫に走ってしまう夫婦喧嘩でのNG行為とは?

些細なことで夫婦喧嘩は始まるものです。元々はアカの他人同士が一緒に暮らして家族になるのですから、衝突するのは当然のことと言えます。価値観や常識も全く違うわけですからズレが生じるのは仕方がないことです。夫婦喧嘩に対する考えは様々ですが、喧嘩と言えど言ってはいけないこと、してはいけないことはあるものです。そこでここでは夫が不倫に走ってしまう夫婦喧嘩でのNG行為とは?等の情報を見ていくことにします。

相手の家族を悪く言わない

結婚していて喧嘩をすると、ついつい出てきてしまうのが相手の家族の悪口です。「親の育て方が悪い」、「お宅の常識おかしいんじゃない?」、「そういうところが義母そっくり」などなど相手家族を悪く言ってしまうことは決して少なくありません。

人間とは不思議なもので、自分で自分の家族を悪く言ったり、愚痴をこばしたりしても、他者から家族を悪く言われると腹が立つものです。しかし、家族のルールや常識はその家それぞれですし、必ずしもそうしたズレが”悪い”と言うわけではありません。

ですので、喧嘩をしてしまっても相手家族の批判をすることは避けましょう。こうしたNG行為をしてしまうと、夫の心も離れていき違う女性に走ってしまう確率をグンと上げてします。

無視をする

夫婦喧嘩でのNG行為の1つは無視をするということです。夫婦喧嘩そのものは発散するという意味では決して悪いとばかり言えません。ですが、無視をするということになると、何が原因で喧嘩をしているのか、解決の糸口さえ見つかりません。

夫婦なのですから、思いをぶつけ合うことが健全と言え、無視は相手と正面から向き合っていないということになります。無視をしていると喧嘩の落としどころを見失ってしまうので、継続しがちになります。

こうした喧嘩が続いている状態ですと息も詰まってしまいますし、一緒にいたくないと感じるものです。そうした思いが浮気や不倫につながってしまうのは仕方がないことかも知れません。

喧嘩の争点をずらさない

夫婦喧嘩に限らず、喧嘩は必ずと言って良いほどエスカレートしていくものです。エスカレートする大抵は喧嘩の争点や論点がズレてしまいます。「あの時はこうだった」と過去の喧嘩などを持ち出したり、容姿を悪く言ったりと根本的解決をすることが出来なくなります。

夫婦喧嘩から不倫に走ってしまわないためにも喧嘩を早期に終らせる必要があります。最も早い喧嘩の収め方は争点や論点をずらさないことです。