もしかして騙されてる?LINEで見分ける夫の不倫

夫が不倫や浮気をしているのではないかと疑ったことがある人は決して少なくないでしょう。しかし、疑ったところで確信に至ることは中々ないでしょう。怪しいとは思っても、証拠やハッキリした兆候がなければ本格的に調査しようにも躊躇してしまうものです。そこでここではもしかして騙されてる?LINEで見分ける夫の不倫等の情報を見ていくことにします。

返信がこれまでと違い早くなった

LINEやメールをしても、これまでは返信が遅かったにも関わらず、ある時から夫の返信が異様に早くなったと感じることはありませんか。こういった場合は、後ろめたさから返信が早くなっている可能性があります。

また、これまでLINEやメールに関して無頓着だったのが、不倫をし始めて新しい彼女が出来た途端にマメになっているという可能性も充分に考えられます。そのマメさが自分でも分かっていない内に身に沁みついてしまい、妻への返信も早くなっているということです。

更には、丁度浮気の最中に妻か連絡があり、疑われる恐怖から返信が早くなっていることもあります。自分の返信に対して妻から返信が普通にきてくれれば安心も出来るからです。

これまで使っていなかったスタンプや絵文字を使う

交際時も結婚してからも、LINEのスタンプや絵文字は使わなかった夫が、急に見たこともないようなスタンプや絵文字を使うようになったら要注意です。これは、新たなLINEやメール相手が出来たある種の証拠とも言えます。

もちろん、これまでそうしたものは一切使わずにきた夫が急にそんなものを多用することは疑いの一歩となり、夫もそういう意識は持っているのでしょうが、人間の癖とは恐ろしいもので、そうしたことが日常的になってしまうと、使い分けが中々出来なくなるものなのです。

名前を呼ばなくなった

結婚前や結婚直後は名前を呼んでくれていたのに、LINEやメールでも名前で呼ばなくなった夫は不倫をしている可能性が非常に高いと言えます。もちろん、普段も名前を呼んでくれなくなった場合は、かなり要注意です。

これは単純に不倫相手との名前の呼び間違いを気にしているからと言えます。不倫相手に対して妻の名前で呼ぶのも、妻に不倫相手の名前で呼んでしまうのも、夫にとっては致命的なことだからです。

呼び方などに変化があった場合は注意深く慎重に不倫を見分けるようにして下さい。