不倫の恋愛で本気にならない丁度良い関係性を保つには?

不倫の交際には様々なリスクが存在します。相手の配偶者に訴えられるリスク、家庭が壊れてしまうリスク、左遷や解雇になるリスクなど枚挙に暇がありません。不倫で本気になってしまうと、それらのリスクを負う確率がアップしてしまいます。そこでここでは不倫の恋愛で本気にならない丁度良い関係性を保つには?等の情報を見ていくことにします。

既婚女性と独身男性の場合は?

最近では既婚女性が独身男性と不倫するパターンが増加していますが、大抵は年上女性と年下男性が交際するケースがほとんどです。こういう場合では独身男性が熱くなることに気をつけたいところです。

既婚女性としては、家庭からの一時的な逃避など、基本的には家族ありきの理由が多いのですが、一方独身男性の場合は守るべきものなく、自分自身はフリーですので、割り切ることが出来ずにこじれてしまいます。

こうしたことを考慮しても、既婚女性が不倫をする時は年下ではなく年上の未婚男性と付き合う方が良いかも知れません。ですが、既婚女性にしてみれば、せっかく危ない橋を渡るのならフレッシュな年下男性が必須という考えの人も多いでしょうから、最初から「家庭を壊す気はないけど良い?」と釘を刺しておきましょう。

こじれないために、いつでも解約出来るように別のスマホを持つ方が良いかも知れません。

独身女性と既婚男性の場合

このパターンは一番割り切ることが難しい恋愛かも知れません。この関係では必ずと言って良いほど男性側は「妻とは上手くいっていない」、「いずれは別れて一緒になりたい」などの口説き文句を多用してきますので、女性側も勘違いしてしまうのです。

ですが、結論から言うと、男性にはそんな気は全くないので、最初から割り切ることが出来ると思う場合にのみ不倫関係に進むようにしましょう。「彼に本気になって欲しい」、「本気で好き」という気持ちを持っている場合は、実らない恋愛ですので自分の気持ちを抑えて接点を無くすようにしましょう。

W不倫の場合

W不倫の関係が一番関係性としてはいいかも知れません。お互いに家庭があり、お互いに家庭を壊したくて不倫関係になるわけではないパターンがほとんどですので、双方の利害が一致していると言えます。

頭から2人共に割り切った大人の関係と考えているので、当人たちが揉めたりこじれたりすることは極めて少ないと言って良いでしょう。但し、バレてしまった場合には最も泥沼になってしまうのでくれぐれもバレないように努めて下さい。