不倫した独身女性が不倫暴露をする心理とは?

最近では有名人や著名人の不倫などが良く話題に上るようになってきました。大抵、不倫がバレたキッカケは、不倫相手が自ら週刊誌などに暴露して発覚していることがほとんどです。週刊誌などで女性は「悪いことだと理解しています」と言いつつ、暴露をして写真なども後悔するケースがほとんどです。そこでここでは不倫した独身女性が不倫暴露をする心理とは?等の情報を見ていくことにします。

妻へ対するマウンティング

不倫した女性は自分に対する罪悪感があるにも関わらず、何故不倫を暴露しようと考えるのでしょうか。その理由の1つは「妻に対するマウンティング」という側面があります。

こうした女性は強い承認要求を持っており、「私の方が奥さんよりも愛されていた」と妻や世の中に知らしめたいという気持ちがあるのです。更にいかに彼が自分に夢中だったか、何度も旅行に行ったり、高価なプレゼントを何回ももらったなどと言ったりするのは、そうした感情の現れと言えます。

要は女性の魅力として勝っているのは自分だと声を大にして言いたいのは、どう言えば妻が傷つくのかを分かっているのかを本能的に知っているわけです。

離婚させて自分が結婚したいから

女性が不倫を暴露してしまう理由として、男性を離婚させて自分が結婚したいと考えていることが考えられます。離婚させると言っても、相手男性への復讐というわけではなく、純粋に結婚したいという切実な思いを抱いているのです。

とは言え、不倫だからこそ余計に執着しているという部分は否めません。手に入らないものほど欲しくなるという人間の本能的なところ強く出ているということです。

不倫相手への復讐心

不倫暴露のもう1つの理由は、当然のことながら不倫相手である男性への復讐心です。暴露する心理としては最も強いものです。暴露してしまえば、完全に男性との関係は終わってしまうのでしょう、大抵は既に終わってしまっているケースがほとんどです。

不倫をしている女性は被害者意識が強いので、楽しむだけ楽しんであっさり妻の元へ帰っていくということがとにかく許せないのです。しかし、暴露は不倫相手の妻から訴えられる可能性もあるので、それでも暴露する女性は浅薄か、執着心が異常に強いと言えますね。