不倫カップルは分かる!不倫あるあるとは?Part2

誰にもバレてはいけないのが不倫です。隠れてするからこそ様々な制約やルールが必要になってきます。するとどの不倫カップルでも似たような事態に陥ってしまうことが少なくありません。人目をはばかるからこその”あるある”がかなり多くあるものです。そこでここでは不倫カップルは分かる!不倫あるあるとは?Part2等の情報を見ていくことにします。

結局どこへ行っても変化なし

不倫では常に人目を気にしながらデートするしかありません。中々普通のカップルのようにショッピングに行ったり、美味しい食事を食べに行ったりということがほぼ出来ないというのが現状です。

それでは、遠方なら大丈夫ではないかとも頭をよぎるものですが、これもまた「人気スポット」などの場合、どこで誰が見ているか分からずに堂々とデートすることが出来ません。

しかも、遠方ということになるとどうしても泊りの旅行になってしまうので、既婚者はパートナーを騙す必要があるのですが、これが簡単なわけにいかないのです。そこで、結局は「いつものラブホテル」、「お家デート」という選択肢になり、虚しいデートになってしまいます。

スマホが気になって離せない

既婚者とのデートでは、既婚者がパートナーからの着信がないか、メールやメッセージはきていないか常に気にするものです。不倫相手と一緒にいるからといって着信を無視すると余計にこじれることになります。

そのため、常にスマホを側に置き、何か連絡が入るたびに応対しなければなりません。仕方がないこととは分かっていても、こうなるとデートしていても心穏やかに過ごすことは出来ません。

下世話な金銭事情

昔もそうでしたが、現在も相変わらず夫婦で金銭管理を任されるのは妻の方です。すると夫はどうしてもお小遣制になり、不倫をしていても満足に支払うことが出来ません。

不倫デートする際には、夫は妻に「飲み会」などと言って誤魔化しながらお金を都合するしかなくなるのです。ですが、この方法は何度も使えるものでありません。外でデートするなど不倫カップルではあり得ませんので、ホテルなどにお金をかけるしかないのです。

しかし、それだけの金額を確保出来ない既婚者が多いので、結局は女性が多くの金額を支払うことになってしまいます。とは言え、誰もが多くの給料をもらっているわけではありませんので、やがて双方ともにデート費用がなくなり、中々会えなくなったりしまうものです。

だからといって、会うことを少なくしたくないと思う場合は、毎回切り詰めていかなければなりません。これでは非常に寂しく虚しいデートを重ねるしかなくなってしまいますね。

part1はこちらから!

不倫カップルは分かる!不倫あるあるとは?Part1