初めての同棲をする時に作るべきルールとは

同棲はカップルなら1度はしてみたいものですね。結婚を考えている相手とも、一種の予行演習にもなるので結婚前に同棲をしておきたいと考える人も少なくないでしょう。しかし、一緒に生活するのですから、楽しみと同時に面倒ごとも抱えてしまうものです。 そこでここでは初めての同棲をする時に決まりをつくるべき?という情報を見ていくことにします。

生活費の割合

同棲生活で一番もめるのは、生活費の負担割合です。同棲とは言っても結婚生活とは違うのですから、生活費はどちらか一方に比重がかかるのはNGです。

同棲は一種のルームシェアでもあるのですから、基本的には全てを折半することがベストです。金銭的負担が片方にかかってしまうと2人のパワーバランスも狂ってしまいます。そうなると対等に付き合っていくこと自体が困難になるのです。

家事を一方だけが担う

生活費を双方が負担している場合、家事を一方だけに押し付けることは大きなトラブルの元になると言えるでしょう。とは言え、料理が出来ない人もいるので出来る方が担うしかないでしょう。

その分、洗濯や掃除、ゴミ捨てなどでバランスを取るルール作りをしましょう。また、仕事の都合などで完全に分けることが出来ない場合は、生活費を多く出すなどして帳尻を合わせるようにします。

お互いに束縛し合う

結婚して子供がいるといったケースならともかく、同棲の段階であまりお互いを束縛し合うのはトラブルに発展し兼ねないのでルール作りが必要です。

だからといって自由気ままに過ごすということもトラブルの元です。2人でいることをベースにして、前もって許可をとり自由な時間を作りましょう。

生活のペースを無視する

仕事が朝早い人、そうではない人、夜型の人、昼型の人、それぞれ生活のペースというものがあるので、全く相手のペースを無視するのはマナー違反と言えます。1人で住んでいた時や、実家住まいの時には許されていた自身の生活ペースですが、2人で住むということになれば双方が歩み寄る必要があります。

しかし、仕事の都合なども関係してくるので一概に一方に合わせることは難しいので、お互いにどの程度あれば許容できるかなどを話し合ってルール作りをする必要があるでしょう。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨