恋愛に依存してしまうことのデメリットは?

大好きな男性が彼氏になったのですから、彼氏のことをいつも考えてしまうという女性は少なくありません。頻繁に連絡をとりたいと考えたり、友達との予定よりもデートを優先してしまったりするようなことも。けれど、これは果たして本当に恋愛を楽しんでいるといって良いのでしょうか。

彼氏を最優先しすぎてしまう恋愛はデメリットが多い

交際し始めて間もない頃は、あなたはもちろん彼氏も、多少無理をしてでもふたりのコミュニケーションの機会を優先するでしょう。けれど、このようなやりとりは長続きしないことが多いです。お互いが「愛されている」と実感することができ、信頼関係が生まれて、連絡を頻繁にとらなくても不安になることはない状況になるためです。

ただここで、どうしても恋愛に依存してしまう女性は、彼氏にずっと変わらないやりとりを求めます。反対に「もっとしてほしい」と求めすぎる女性もいるのです。このような恋愛依存の女性は、男性のことを自分のことよりも優先しすぎてしまいます。友達や仕事、家族との時間もできる限り短くしようとして、彼氏を最優先してしまうこともあるのです。

もちろん彼氏がその気持ちに応えてくれるようであれば、問題はありません。けれど、多くの男性はひとりの時間や友人との時間、そして何よりも仕事の時間を優先したがる傾向が強いので、あなたの気持ちが重いと感じ始めてしまうことがあります。連絡も、あまりにも頻繁なやりとりを求められると、男性は1つのものにしか集中することができないため、あなたとの別れを考え始めてしまってもおかしくはありません。

いつのまにか上下関係ができてしまう

恋愛依存の女性は彼氏のことを優先するので、いつも彼氏の顔色やゴキゲンを気にしながら行動してしまいます。本当はショッピングに行きたくても、彼氏が映画に行こうといえば、それに従ってしまうのです。多少の妥協は恋愛だけではなく人間関係全般に必要なものですが、お互いの意見を言い合えない関係や顔色を気にするような関係は、対等とはいえません。

また、彼氏はあなたには意見がないと勘違いして、あなたは意志を表現しない魅力的ではないと判断するか、なにもかも俺に任せてなにも考えない彼女だと不満を抱いて別れを切り出すかもしれません。このように、恋愛依存であることは、恋愛を楽しめていないうえに、自分自身にとっても良い恋愛ではないのです。