たまには違うものも食べたい?浮気する男性の本音とは?

つい魔がさして、出来心で、浮気した男性の言い訳でよく耳にする言葉ですよね。相手への気持ちが無くなった訳ではないのに何故浮気するのか女性にとっては理解に苦しむ所です。そんな女性にとっては浮気する男性の本音ももちろんですが、そもそも男性はどんな時に違うものも食べたくなるのか知りたいですよね。今回は男性の心理そのものに注目してどうして浮気をするのか等の情報を見ていくことにします。

男性はどんな時に違うものを食べたくなるの?

浮気する男性の多くは、「性的な欲求不満を感じている」、「心の癒しを求めている」、「刺激を求めている」などの場合が多いようです。

心の癒しを求めている

仕事やプライベートで問題が起き、彼女との時間がなかなか取れない場合や、忙しいのを知っていて理解してもらえない場合、交際期間が短くて本心をさらけ出せない場合に心の癒しを求めて理解してくれる他の女性へと目を向けてしまいがちです。

性的な欲求不満の解消

男性は本能を求める生き物と良く言われているように、性的な欲求不満を抱えていると浮気へと発展してしまう場合があります。

マンネリにより刺激を求めている

また、隣の芝は青く見えるということわざ通り、交際期間が長くなればなるほど刺激を求め違うものが食べたくなるのが男心のようです。

浮気する男性の本音とは?

浮気する男性の本音としては大きく分けて2つに分かれます。

罪悪感を感じる

彼女に罪悪感を感じているけど、自分で断ち切ることが出来ないという男性や、先ほど紹介したように心の癒しや欲求不満、自分を理解して欲しいなどといった理由で浮気を止められないというのが本音です。

遊びだから良い、そもそも悪いと思っていない、浮気を浮気とも思ってない

このタイプの男性は、刺激を求める場合が多く、彼女との関係がマンネリ化していたり、ちょっとした遊び感覚のつもりという男性が多く、自分自身で浮気を浮気とも思っていないというのが本音です。