お風呂に入る夢の意味とは

お風呂に入る基本的な意味は、「精神的な疲れからの解放」と「健康的な身体」を求めるあなたの状態を指します。

最近、ストレスや体への不安を感じていたりしませんか?

今回は、自分がお風呂に入る夢の意味を状況別にご紹介していきます。お風呂に入る夢をみた皆さんは要チェックです!

熱湯風呂に入る夢

熱いお風呂に入る夢は、あなたが感情的になりすぎていることを意味します。

特に、恋愛の場でパートナーと喧嘩した際に、八つ当たりをしたり、あるいは感情的に泣き出したりすることもこの先出てくることもありそうです。

心がいっぱいいっぱいになっていることを表してくれているので、自分の好きなことをしてリフレッシュし、感情コントロールを試みてみるといいかも!

お風呂で心地よさを感じる夢

熱すぎず冷たすぎない、ちょうどいい湯加減のお風呂に浸かって心地よさを感じる場合、精神的な疲れや体調への不安が解消していくことを指します。

心地よさを感じる夢は、将来への健康を表す傾向にあります。お風呂で心地よさを感じる夢もそのうちのひとつ。

ただ、適温であってもお風呂が汚れていたり壊れていたりすると、逆にこれからの精神的な疲れや体調への不安が増していくことを暗示しているので、ご注意を。

水風呂に入る夢

冷たい水風呂に浸かる夢の意味は、環境に対する精神的な疲れに追いやられている、というもの。

このご時世でもありますから、環境に対してストレスを感じることも多々あるでしょう。

そんな心の疲労を示す一方で、新たな転機という意味を持つことも。

水風呂に入ってなんとなくスッキリ感が味わえた場合、新たな展開へと進む兆候として捉えられることもできます。

まとめ:お風呂の夢は「心地よさ」が肝

お風呂の夢の意味を探る中で重要なのは、お風呂に入った際の「心地よさ」です。

  • 熱湯風呂:感情的な自分
  • 心地よい風呂:精神的・身体的疲労からの解放
  • 水風呂:環境に対するストレス、新たな展開

不快を感じるお風呂の夢の場合、心の状態・体調の健康が不安定な状態を意味しているので、不快を覚えた際には、特に注意しておきましょう。