30代以上の処女を指す「高齢処女」って?意外な男性心理

30歳になった時点で処女である状態の女性を、高齢処女と呼びます。

高齢処女の方は、自分自身にコンプレックスを持っている場合が多く、悩みがつきません。

それでは実際、男性は高齢処女に対してどのような印象を持つのでしょうか?

今回は男性が高齢処女に対して思うことを、それぞれまとめました。結論、大きなコンプレックスだと思う必要はありません。

高齢処女に対して男性が思うこと

早速、男性心理を見て行きましょう。

「自分だけが知っている」特別感

自分だけが女性の身体の全てを知っていると考え、優越感や特別感を得る男性がいます。

この世で自分だけ、あなたの全てを知られると考えるため喜びを感じるでしょう。

特別感を感じるだけのため、特にネガティブな感情はありません。

「他の男性と比べられない」安心感

男性は他の男性よりも強く、優れていたいと考えがちです。

特にセックスの時は、相手の女性が今までシてきた男性よりも気持ち良くさせたいと考えるもの。

女性の反応を見て、時には敗北を感じ心痛める場合もあるでしょう。

しかし高齢処女であれば、相手にとってのオトコは自分だけ。比べられる心配がありません。

「大事にしよう」という義務感

処女であると聞いて、初めてのセックスを「気持ち良く」「楽しく」「良いものである」と伝えられるように頑張る男性もいます。

念入りに準備をして、これまでにないほど大事にしようと思うでしょう。

男性が今まで抱いてきた女性の誰よりも、人一倍大事にしてくれるはず。

高齢処女になった理由について

男性は「高齢処女」自体に問題を感じませんが、高齢処女になった理由については気になる場合も

男性が納得するような理由がすぐに言えるよう、考えておきましょう。

仕事に一筋だったなどの理由がメジャーですが、なるべく自分の本心を伝えるのがおすすめ。

高齢処女は恥ずかしがらなくても大丈夫

高齢処女に対する男性の心理をご紹介してきました。ほとんどの男性が、高齢処女について特に何も思いません。

時には高齢処女を面倒くさがる男性がいると思いますが、あなたが好きであればそれくらいなんてことないでしょう。

コンプレックスと思わず、武器として使うのがおすすめです。

miraではこのようなコンテンツも多く配信していますので、ぜひオリジナルサイトでもご覧になってくださいね!