「こんな恋愛したかった...」若い時にしておきたい恋愛とは?

こんばんは。若い時に様々な恋愛を積み重ねることは、人間性に厚みをもたらしてくれますし、得られるものは大きいと思います。若い時に恋愛と失恋はたくさん経験した方が良いと言われますが、他にどのような恋愛を経験しておくと良いのでしょうか?今回はこちらについて考えてみました。

自分を大事にしてくれる男性との恋愛

若い頃は顔がかっこいいとか、スポーツができるとか、頭がいいというような部分に惹かれて交際する人も多いかもしれません。ただ実際に付き合ったら、自分を大事にしてくれることがなく、悲しい恋愛をしたという経験も。若い頃に自分を大事にしてくれる男性と恋愛ができたら、それはあなたの貴重な財産に。その男性と仮に破局してしまったとしても、一生の思い出になるでしょう。

自分から積極的にアプローチする恋愛

女性の中にはいつも受け身で、好きな人がいても自分からアプローチなんてできないという方も。もちろん自分からアプローチするのはとても勇気がいること。しかし、大人になると様々なことを考えてしまい、より臆病になってしまう。若い頃は勢いで告白もできますし、振られてしまっても若いから立ち直りはきっと早いはず。気になる男性がいたら、自分からアプローチする勇気をぜひ、持ってみてくださいね。

見返りを求めない恋愛

恋愛は「GIVE&TAKE」という考え方や「WIN-WIN」の関係でいたいと思うのは、決して間違いではありません。しかし、時には見返りを求めない、損でも得でもない、「純粋にこの人のことがただ好きだから恋愛していたい」という恋があっても良いと思います。見返りを求めない純愛を若い頃に経験できたら、きっと今後の人生もより豊かになることでしょう。

おわりに

本日は若い頃にしておきたい恋愛を3つご紹介しました。ただ恋愛は若い人だけの特権というわけではなく、もちろんアラサーでもアラフォーでもどの年代の女性もこうした恋愛ができたら、きっと人生に奥行きが生まれると思います。本日もお読みくださり、ありがとうございました。