結婚願望の温度差が大きい!どうすれば彼氏と結婚できる?

交際期間がある程度経てば、結婚相手として恋人を見ることは多くなっていくでしょう。男性から突然プロポーズをするケースや、イベント時にプロポーズをするケースなどを「理想の恋人」と感じる人は多いはずです。

でも、肝心の彼氏に結婚願望がなければプロポーズは起こりませんし、もちろんゴールであるはずの結婚にまで進むことも難しいといえます。彼氏との結婚願望の温度差を縮めるには、女性はどうすればいいのでしょうか。

「プロポーズは男性からするもの」という思い込みを捨てる

さまざまな結婚前のカップルに対する調査によって、プロポーズは男性がするものだという考えが根強く残っていることがわかります。映画やドラマなどでも、男性が指輪を隠し持っていて、女性に突然プロポーズをするシーンを多くみかけますよね。反対に、女性からプロポーズをするシーンを思い出す方が難しいのではないでしょうか。

男性がプロポーズをするという固定観念を取っ払おう

まず、このように男性がプロポーズをするものだという考えを手放してみることから始めてみませんか。昔から日本では「男性が家族の柱である」という考えが強く、男尊女卑とされる考え方も、未だに根強く残っています。

けれど、昔の男性と現代の男性が大きく違い、大黒柱になるという考えをもたないまま、結婚適齢期になっているのです。今は男性がひとり暮らしをしても不自由なく暮らしていけるだけの世の中になりました。「俺が家族を養うために頑張って働く!」というよりも「共働きで楽しく過ごしていこう」と考える男性も増えています。

あなたがプロポーズをしてみるのがおすすめ!

無理やり結婚観を押し付けても、彼氏はあなたからの圧力を重荷に感じ、別れを選んでしまうかもしれません。それならば、あなたからプロポーズをするという方法がおすすめです。

プロポーズといっても、彼氏に「ずっと一緒にいたい」という気持ちを伝えるだけで充分。花束や指輪もいりません。結婚を決めてから、ふたりで指輪を選ぶという順序も、もうすでに一般化していることを知ってくださいね。間違っても無言で彼氏に圧力をかけてプロポーズをさせることだけはやめましょう!

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨