彼氏に素直に甘えたいのにできないあなたへ伝えたいこと

「大好きな彼氏だからこそ甘えたい、なんでも分かってほしい、いつも私のことを考えていてほしい!」こんな気持ちをもつ女性は多いはず。けれど、度が過ぎると彼氏に嫌われてしまう場合も。。。なので、もっと素直になってみませんか。これでは単なる「こじらせ女子に」なってしまいます。では、「こじらせ女子」とは、どのような女性のことを指す言葉なのでしょうか。

素直に「好き」って伝えるのが1番!

改まって好きという気持ちを伝えると、重い女だと思われるのではないかとか、恥ずかしい、私だけが好きみたいで負けた気持ちになるなど。いろいろ複雑な気持ちから、なかなか素直に彼氏に「好きだよ」を伝えたくても伝えられない女性って多いんです。

そして付き合っている期間が長ければ長いほど、これらの気持ちは大きくなるでしょう。けれど、気持ちは言葉にして伝えなくては相手に伝わりません。素直に好きだという気持ちを伝えましょう

駆け引きはせずに「もっと構ってほしい」で伝えて!

本当は構ってほしいのに、あえて彼氏からのLINEに返事を返さなかったり、電話に出なかったり。そんな駆け引きは、彼氏に誤解を与えてしまうきっかけになることだってあります。

思ったままの気持ちを彼氏に伝えましょう。駆け引きするよりも「毎日1回は電話してほしい」と分かりやすく伝える女性の方が、彼氏も期待に応えてくれるでしょう。

彼氏の立場にたって考えてみる

あなたがつい強がって伝えたいと思う言葉、それは彼氏にどんな印象を与えるか考えることができていますか。彼氏に同じ言葉を伝えられたら、あなたはどんなふうに感じるのか想像できたうえで伝えていますか。あなたの言葉で、彼氏の気持ちが変わることだってあります。

恋愛関係をこじらせてしまうような言い方ではなく、ストレートに気持ちを伝えましょう。「どうしても伝えたい!」が強い時こそ、その言葉が本当に後から後悔するものではないかどうか、冷静に考える時間を作ることが大切です。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨