思っているけど行動できない〝感謝の気持ち”を恋人に伝える方法とは?

皆様、こんばんは。恋人にはいつも感謝をしているけど、いざ目の前にすると素直に「ありがとう」と言えないこともありますよね。しかし感謝の気持ちは言動で示さなければ相手に伝わることもありませんし、実際にありがたみも薄くなってしまいます。そしていつの間にか二人の関係が悪化するということにならないために、本日は感謝の気持ちの伝え方についてまとめてみました。

ありがとうLINEを送ってみましょう

感謝の気持ちを伝えたい時、一番簡単なのがありがとうLINEを送ることです。普段のLINEのやり取りの中に「ありがとう」の言葉を入れてみましょう。突然ありがとうと送ったら変かな?と思う人もいるかもしれませんが、全然変ではありませんし、ありがとうの言葉は相手の負担にもなりませんので、気にすることなく「ありがとう」と送って大丈夫です。

ありがとうメモを用意してみましょう

同棲をしているカップルの場合、朝や夜、ごはんと一緒にありがとうメモを添えておくのがおすすめです。「いつもありがとう」の言葉もメモに書いておきましょう。またお弁当を恋人に作る人の場合、お弁当と一緒にそうしたメモを入れておくのも良い方法です。メモですので、長文でなくてよいのですぐに実践することができると思います。

他にもある「ありがとう」の伝え方

例えばごはんを恋人の好きなものを作ってあげるであったり、食後にコーヒーを淹れてあげるでもよいですし、仕事から帰宅して疲れていそうだったらマッサージをしてあげるでもよいですね。そうした毎日の積み重ねで、恋人にもあなたの「ありがとう」の気持ちは伝わるはずです。

「ありがとう」と言葉にすることももちろん大切ですが、相手を思いやっていれば、自然と相手が喜ぶ行動をとることができると思います。もちろんプレゼントを用意するのも良いですし、サプライズが好きならそうしたことを計画すれば、相手も喜んでくれます。またいつものデートも一回一回を大切にしていたら、きっと二人の関係はずっと良好でいることができるはずです。

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓