銀座のママ伝授!高いものを買ってもらう禁断のテクニックとは

男性の心理を知り尽くしていると言える女性、それは銀座のママです。

銀座のママともなると、男性からさまざまなプレゼントを買ってもらう機会も多いのですが、その時によく使うテクニックがあるそう。

男性に高いものを買ってもらう禁断のテクニックとは、どのようなものなのでしょうか。

「高いものじゃなくて、1番安いものでいい」と伝える

お店で商品をふたりで選んでいる時、ある商品にあなたが手を伸ばしたとしましょう。そして値札を見て言うのです。「これは高いから、1番安いのでいいよ」と。

この言葉を聞いた男性はどのように感じると思いますか。実は、男性心理としては、このように言われると反対に見栄を張りたくなって「高めのものを買ってあげたい」と考えるのです。

自分の本当に欲しいものよりも少し安めの商品を見て「高いものじゃなくて、1番安いものでいい」と伝えれば、本来欲しかったものを買ってもらえる確率が高くなります。

高いもの、欲しいもの、安いものを3つ並べる

これは男性心理というよりも人間心理としてのお話です。

男性に欲しいものを買ってもらう時、迷って商品を見比べるフリをして、わざと「高いもの、欲しいもの、安いもの」の順番で商品を並べていきましょう。この時、男性はどの商品を選ぶと思いますか。

実は、人間の心理として、商品が3つ並んでいると、真ん中の商品を選ぶ傾向があることがわかっています。

なので、本当に欲しいものがある場合は、欲しいものを真ん中に、そしてその左に高いもの、右に安いものを並べて男性の様子をみてみましょう。

欲しいものを見つけたら素直に「これ、欲しい!」と伝える

あなたがお店で絶対に欲しいと思ったものを見つけた場合は、男性に素直にその気持ちを伝えてみましょう。少し大袈裟なくらいがちょうどいいでしょう。

「これ欲しいなあ、すっごくかわいいなあ。買ってくれたら嬉しいなあ」こんなふうに甘えておねだりしてしまうのです。

ここまではっきりと「欲しいアピール」されると、男性としては買わないといけない雰囲気を感じ、よほどのことがない限り買ってくれるでしょう。

まとめ

銀座のママは男性心理を知り尽くしています。男性がどんな状況の時にどのような行動をとるのかがわかるのです。

その銀座のママからの伝授してもらったこの禁断のテクニック。あなたもぜひ、活用してみましょう!

 

mira(ミラ)アプリでは、AIが一枚の写真からたった5秒で、顔のパーツのバランス・形・大きさの特徴量をもとに、顔タイプを判定。あなたのための美容法を導き出します。

🎁アンケートはこちら🎁

無料で診断♪ マイカルテを作成

無料でLINEで相談♪