【今日は七夕】会えなくても大丈夫♡遠距離恋愛を楽しむための3つの方法

皆さま、こんばんは。本日は七夕ですね。七夕といえば、織姫と彦星は遠距離恋愛をしていて、1年に1回、七夕の夜にだけ会えるという素敵なお話です。ただ実際に遠距離恋愛をしている人はどう上手にその距離と付き合っているのでしょうか?本日は遠距離恋愛を楽しむための3つの方法をご紹介します。

LINEや電話などで愛を確認できる

会うことができなくても、今はLINEや電話などでコミュニケーションを取ることができます。LINEで楽しいやり取りができれば、二人の仲はより親密になりますし、電話で声を聴くことができれば寂しさも平気です。毎日会っているカップルより、会わないカップルの方が喧嘩も少なくなり、相手のこともより大切に思えるという遠距離恋愛経験者の声もありました。

会える日が楽しみになる

会う日が決まったら、その日のために洋服を買ったり、美容室に行ったりと女性は大忙しですよね。その日が待ち遠しくて、当日は電車の中でドキドキして、やっと会えた時の喜びはひとしおです。もちろんその日は楽しむことができますし、幸福感をより感じることができるでしょう。そうした楽しみがあるのも遠距離恋愛の醍醐味です。

自分の時間も大切にできる

人生は恋愛以外にも楽しみがたくさんあります。いつも彼と何をするのも一緒というのも素敵ですが、自分の楽しみを見つけて、それに集中するのも良いと思います。遠距離な分、自分の時間は確保しやすくいので、相手に依存しにくい自立した大人の恋愛をすることができるでしょう。お互いに負担がかかりにくい恋愛なので、重い恋愛が苦手という方なら遠距離恋愛は得意かもしれません。

まとめ

織姫と彦星はきっとスマホは持っておらず、1年のほとんどを何の連絡もなしに過ごしていると思うと、私たちはコミュニケーションツールが発達している時代に生まれ、そう寂しくもなく、恋愛を楽しむことができます。遠距離恋愛は辛いと思い込んでしまうと、本当にそうなってしまいますので、ぜひ楽しめることに目を向け、プラスに捉えられたら、彼との関係も遠距離でも続くと思います。お読みくださり、ありがとうございました。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨