憧れる?憧れない?あなたは〝ひと夏の恋”を経験したことがありますか?

皆さま、こんばんは。7月も今日で終わりですが、あなたは〝ひと夏の恋”を経験したことがありますか?ひと夏の恋というと、夏に出逢った人と夏の間だけ付き合うことをイメージする人が多いと思いますが、夏に出逢った相手と1回だけ体の関係を持つことや、夏の間だけ体の関係を持つことを連想する人もいるようです。そんな〝ひと夏の恋”をテーマに本日はお伝えします。

〝ひと夏の恋”を経験している人って多いの?

〝ひと夏の恋”を経験したことがあるかどうか、という問いに対して、経験したことがあると回答したのが20%、経験したことがないと回答したのが80%という結果がありました(ゼクシイ調べ)。
〝ひと夏の経験”をしたことがある人の方が少ないのですが、夏休みに沖縄に行き、現地で知り合った男性と夏休みの期間だけ過ごしたというエピソードや、海で知り合ったプロサーファーとひと夏の恋をしたという方もいらっしゃいました。

お得なクーポンはこちらから↓

夏の恋が短いと言われる理由

この〝ひと夏の恋”ですが、夏に始まる恋愛は長続きせず、夏の終わりと共に終わってしまうともいわれています。なぜ夏の恋は短いといわれているのでしょうか?一般的に夏は解放感があり、その解放感から普段は恋をしないような相手に恋をするものの、夏の終わりと共に日常に戻っていき、現実を意識した時にその恋はもう終わりにしようと人は思うようです。

〝ひと夏の恋”を長続きさせるためには

そのように夏の恋は短く、夏の間に終焉しやすいといわれていますが、この〝ひと夏の恋”を長続きさせるための方法はあるのでしょうか?〝ひと夏の恋”ではその解放感から、体を簡単に許してしまいがちなのですが、素敵な相手と出会ったら、少しずつ距離を縮めていくことがおすすめです。いきなり体を許してしまうと、そこがピークとなり、それ以上発展しにくくなりますので、この男性とは長く交際したいと思ったら、そうしたことを意識してみることが大切でしょう。

 

田中みな実の”水”の美容法をチェック

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓