気になる人と好きな人の違いって?境界線は〇〇でした。

こんばんは。あなたは今、好きな人がいますか?それとも気になる人はいますか?「気になる人」が「好きな人」に変わるのはどのような時なのでしょうか?今回は「好き」と「気になる」の違いについてお伝えしたいと思います。

「気になる」は恋の前兆

その男性が気になっている状態は、恋の前兆ということができるでしょう。「何となくいいなぁ」と思っているだけで、付き合いたいなどとは意識していない状態です。それに対して「好き」となると、交際したいと思ったり、いつも頭の中にその人がいて、ずっと考えてしまうような状態です。

他の女性の影が気になるなら「好き」

気になる人が他の女性の人と仲良くしていても「仲がいいんだなぁ」と思うだけですが、好きな人が他の女性と仲良くしていたら気になるもの。好きなのかな?付き合ってるのかな?なんて、2人の仲を詮索してみたりと気がかりで仕方ない場合、それはその男性のことがすでに好きな合図です。

知った後、共有したくなるか

相手の好きなものを知った時、そうなんだと思うだけなら気になる人。好きなものを知った上で、自分も同じことをしてみたいなと共有したくなる場合、それは好きな人と言うことができるでしょう。好きな人の好きなものは共有したくなって、つい同じものを購入してみたり、良い意味で影響を受けてしまうことも多いと思います。

まとめ

今回は「気になる人」と「好きな人」の違いについてまとめてみました。いつの間にか「気になる人」から「好きな人」に変わるのが恋で、気づいたらいつも目で追っていて、恋に落ちていて、はっとしたら彼に夢中になってしまっていることがあります。

心が自然に惹かれていって、頭の中は彼でいっぱいという状態が幸せなのが恋愛です。恋愛は一人ではできないもので、そんな素敵な相手に出逢えたことに感謝をして、その恋愛をHappyに育ませていってみてくださいね。お読みくださり、ありがとうございました。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨