【メンタル】彼を好きすぎてとっても苦しい。そんな時どうすればいいですか?

「恋の病」とは昔から言われている言葉で、人を好きになると、四六時中その人のことばかり考えてしまい、好きになってくれないかな?嫌われないかな?といつも頭の中に彼がいて、苦しいってことがあると思います。そこで今回は人を好きになって苦しい時、どうしたら良いのかその対処法をご紹介します。

自分を見失わないことが大切です

恋愛をすると自分を見失ってしまう人がいます。いつも頭の中に彼がいて、彼の一挙一動に左右されてしまう人がいるのですが、そうではなく、自分という軸をしっかりと持ちましょう。そうすれば、今優先することが分かるので、勉強も仕事も恋の病のせいで手につかないということがなくなります。苦しい時こそ、自分をしっかりと持って、やるべきことをやる姿勢が大切です。

自分が相手を愛していれば良い

どうしても彼から好かれたいと思ってしまいますよね。しかし、自分が彼のことを愛していればそれで良いと思えば、気持ちはぐっと軽くなります。どうしても「愛する」より「愛されたい」と思う人が多いのですが、それだと自分が苦しくなります。そうではなく、自分が愛しているという気持ちを重視してみてくださいね。

自分を愛して信じること

そして大切なのが、自分をしっかりと愛して信じることです。自分に自信がない人ほど、相手に依存しがちですが、良い意味で「自立をする」ことはとても大切なことです。自分をしっかりと持っている人は、周囲に振り回されることもないので、苦しくありません。今、苦しいと思っている方はまずは自分を信じることから始めてみましょう。

おわりに

いつも彼のことをぐるぐると考えてしまうのは、恋の病にかかっていると言えますが、それだけでなく自分を大切にして、自分の時間も上手に使って自分磨きをする時間も必要です。時にはリフレッシュして、恋愛以外のことも考えられる余裕があるといいと思います。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

iOSアプリダウンロードはこちらから↓