どうしてもやめてほしい!でも、彼氏に注意をする時は言葉を選んで!

彼氏に対して「もっと連絡がほしい」「たばこを吸うのをやめてほしい」など、さまざまな気持ちを抱いている女性は多いのではないでしょうか。で

も、おそらくあなたが「やめて!」と言ったところで、彼氏はその言動をやめないか、あなたを面倒な女だと決めてつけて別れる方向に近づいてしまう危険性があります。では、どのように伝えればいいと思いますか。

まずは「伝えたいことがあるの」と話す

最初に、あなたが彼氏に対してやめてほしいことを伝えなければなりません。ただ、あくまでもあなたからの「お願い」であって、選択するのは彼氏自身だということを、あなた自身が理解しておく必要もあります

そして言い方ですが、例えば彼氏の言動が少し強い口調だった場合は「きつい言葉で私を傷つけないで!」といた表現は絶対に避けるべきです。これでは、ただの「ダメ出し」になってしまいます。

最悪の場合、彼氏の言動を変えてほしいだけなのに、彼氏を否定していると受け取られるかもしれません。これでは「伝えたいこと」が伝えられる状況ではなくなってしまいます。

お願いにあなたの気持ちを添えて伝える

わかりやすく「これをやめてほしい!」と伝えがちですが、あなたからの「お願いごと」として伝えるので、あなたの素直な気持ちもセットにして伝えるのがおすすめです。

先ほどの例で言えば「もう少し優しく伝えてほしいの。それでも私には充分伝わるし、穏やかに伝えてくれると私も変えようって思いやすいの」といった具合です。彼氏の言動が変わることによって、彼氏にメリットがあるといった内容を伝えられるとベストです。

会話の終わりには感謝を伝えよう

もし彼氏が、あなたの話に割り込まずにずっと聴いてくれていたのであれば、真っ先にそのことに対しての感謝を伝えましょう。できれば、話を聴いてもらえて嬉しかったと分かるように、笑顔で感謝を伝えられるといいですね。あなたの素直な気持ちがうまく伝われば、彼氏もその言動をやめようと心がけてくれるはずです。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨