「束縛しすぎちゃう...」信用と束縛を両立させる方法とは?

こんばんは。彼ができると束縛をしてしまう女性も少なくはありません。束縛は愛情の裏返しともいわれていて、相手のことを大切に思っているからこそ、してしまうようです。どうでも良い人には束縛はしないもので、好きすぎるがゆえ、束縛してしまうのですね。ただ束縛されることを嫌う方も多いと思います。今回は信用と束縛を両立させる方法について考えてみました。

束縛されたい?されたくない?

束縛されることを嫌う人ばかりではなく、中には束縛されたいという方も。束縛=愛されていると実感できるからですね。人から必要とされていると束縛をされると感じやすくなるので、束縛されるのが嬉しいというタイプの人も。ただ、束縛されたくない自由な人ももちろんいます。交際相手がどちらのタイプなのかによって、あなたも行動を変えるべきでしょう。

束縛=信用していない?

相手を束縛することは相手を信用していないことに繋がります。束縛をする人は相手が今、何をしているのか不安であることが多いです。浮気をしないよう行動を制限したり、LINEの回数が多かったりすると「信用されていないんだな」と悲しい気持ちになる人も。相手のことをきちんと信用している人は束縛をしにくい傾向があります。

心地の良い束縛をする

ただ「全然自由にしていいよ」とあまりにも寛容な態度を取られると「愛されていないのでは」とまた不安になるもの。そのため、ちょうど良いくらいの束縛をすることがおすすめです。ちょうど良いくらいの束縛とは、監視下に置くわけではなく、さりげない束縛です。例えば彼が飲み会に行くという時「飲み会に女の子いる?」のように軽く聞く程度です。

おわりに

本日は信用と束縛を両立させる方法をご紹介しました。人それぞれタイプは様々ですが、相手が束縛が嫌な人で、自分が束縛をしたがるタイプだと交際も長続きしにくいかと思います。交際を長続きさせるためには、相手が何をして欲しくて何をして欲しくないのか、柔軟に考えることが大切です。本日もお読みくださり、ありがとうございました。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨