社会人同士の恋愛ってもっともっと楽しいと思ってた!どんなところが予想外だった?

学生時代は、毎日授業があるといっても、1日や2日程度休んでも、そんなに怒られるようなことはなかったでしょう。けれど、学生時代ってお金があまりないんですよね。そのため、社会人同士の恋愛なら、高級レストランや旅行にも行けると考えてしまっていませんでしたか。

けれど、実際に社会人同士の恋愛をしてみると、どうでしょう。まず、ぶつかるのが「時間のなさ」でしょう。特に社会人1年目は精神的にも辛いことが多く、とにかく必死に毎日を過ごすことになりがちです。学生時代のように「好きな時にg授業をサボる」というようなことが難しくなってしまうのです。

クリスマスや誕生日の当日に会えない

学生時代は、毎日授業があるといっても、1日や2日程度休んでも、そんなに怒られるようなことはなかったでしょう。けれど、社会人になるとこの「休む」というこそのものが難しくなってしまうのです。

社会人に誕生日やクリスマスは、あまり関係ありません。また、職種によると「クリスマスだから忙しい」という彼もいるはずです。そんななか「クリスマス当日は一緒に過ごしたい!」なんてワガママを言ってしまえば、彼はあなたには理解がないと考えてしまいかねません。男性にとって仕事は、とても大事なものだからです。

連絡が必要最低限のみになってしまいがち

会えない時こそLINEを使ってコミュニケーションをとりたいと思うのはごく自然な気持ちですが、男性にとっては少し重いと感じるようです。

女性は暇があればLINEで友達とのやりとりを楽しみますが、男性はそのような傾向があまり見られません。男性にとってひとりの時間はとても大切なものだからです。また、ゲームで勝つことで、自分のよきゅうが満たされて男性らしさを実感できる傾向もあるといわれています。社会人になって忙しくなれば、より一層、このようなひとりの時間を確保したがるのです。

社会人になったんだから結婚!は、なかなか難しい

学生時代はアルバイト程度しか働けていないのもあって、なかなか結婚を考えるカップルは少ないでしょう。けれど、社会人になって給料も一定額もらえるようになれば「早く結婚したい!」という気持ちがあなたのなかに出てきてもおかしくはありません。

ところが、男性としては「新入社員で結婚をする」というこをとても嫌がる傾向にあるのです。「ある程度、仕事で成果をだして一人前だと思えてからでなければ、結婚するのは恥ずかしい」と考える、このような傾向が男性にはあるのです。