好きな人と付き合えたのに別れたくなる複雑な心のしくみ

大好きな彼にどうやったら自然に連絡をとれるか、どんなふうに話しかければ不自然じゃないか、告白して失敗したらどうしようなどなど。片想い中にはこのような、わくわくした気持ちと不安な気持ちが入り混じってしまうものです。

けれど、悩むほどそれだけ彼が大好きという証拠ともいえます。ただ、いざ付き合い始めると、なぜか彼から気持ちが離れてしまう人もいるのです。

せっかく付き合えた彼氏と別れたくなる理由って?

大好きでアプローチをして、やっと付き合うことができたのに、彼女になると別れたくなってしまう。この心理には「自己肯定感の低さ」が関係しています

自己肯定感とは、自分自身を肯定的に受け入れることができる感覚のことです。

自己肯定感の高い人は、失敗をしてしまっても立ち直りが早く、むしろその失敗をバネにして前へ進むことができるのです。また、周囲からどう見られているのかなども、必要以上に気にせずに自分のやりたいことを貫く姿勢をもっています

自己肯定感と恋愛の関係

では、この自己肯定感が低いことが、どのように恋愛に関係するのかというお話をしましょう。先ほどのお伝えしたように、自分に自信がない人が彼氏と付き合うと、実は恋愛そのものに自信がなくなってしまうのです。

幸せすぎて、その幸せを失うのが怖くなり、それならばいっそのこと彼氏と別れた方が、まだ苦しみが少ないのかもしれないという考え方に変化します。そのため、彼氏から「好きだよ」と言われても素直にその言葉を受け取ることができません。

彼氏の魅力に気づくほど不安になる

付き合えば彼氏と頻繁に連絡をとるようになり、デートも何度もするでしょう。そしてそのなかで彼氏の魅力に気づく機会が多くあるはずです。

すると、自己肯定感の低い人は「こんな良い人が私のことを本気で好きなわけがない」といったように、マイナス方向にしか考えられなくなってしまいます。

まとめ

これらの心理は、一般的には「好き避け」といわれています。片想いの間だけではなく、付き合ってからでも好き避けをしてしまう人はいるのです。

自分自身でも無意識のうちに辛くなってしまい、自分の気持ちがコントロールできなくなって別れを選んでしまいます。まずは自分を大切にし、もっと自分を好きになって、自己肯定感を高めていきましょう。