カップルの関係を良くする秘訣は、一緒にごはんを食べること!どうして?

付き合い始めの頃は「彼の前で大きな口をあけてハンバーガーを食べるなんて!」など、自分の振る舞いについてあれこれ考えてしまい、食事の時間を心から楽しめていなかったかもしれません。

けれど、少しずつ自分らしさを出していけるようになったら、ふたりの食事の時間はとっても楽しいものですよね。実際、このふたりの食事の時間と仲の良さは関係しているといわれているのです。

お互いのことをより知っていける時間になるから

ふたりで食事をする場合は、会話を楽しみながら食事をすることが多いでしょう。自分に起きたできごとや、自分の小さな子どもの頃の思い出まで、さまざまなことを話す時間になるはずです。いかに彼氏が職場で頼られている存在なのかを知る機会にもなりますし、彼氏の好みやこだわりを知る機会にもなるでしょう。

普段のデートは、周囲の様子や一緒に体験したことが会話のメインになってしまいがちですが、食事の時間は会話がメインとなります。ふたりの関係をより良くするために活用できるとても貴重な時間としての役割を担うのです。

ふたりでお料理をシェアすれば、楽しい思い出も2倍になるから

お店で食事をするのであれば、注文するお料理をあえて変えてみませんか。そして、ふたつのお料理をふたりでシェアするのです。そうすれば、ひとりでふたつのお料理を楽しめます。

「美味しいね!」と同じ感覚を味わえる時間も倍になるうえ、気持ちが改めて通じていることを感じられるので、ドキドキ感も味わえます。時には彼氏の口のお料理を運んであげてもいいでしょう。スプーンいっぱいの料理が彼氏の口に入りきらずこぼしてしまっても、それも笑いになります。

また、この時、彼氏がどんな料理が好きで、どんな料理が苦手なのかを知ることもできます。これから手料理を振舞う際に役立つので、ぜひ知って覚えておきましょう。このように二人で一緒に食事をし、食事のみを知れば知るほど、お互いの距離は縮まり、食事の時間が楽しくて仕方なく感じるようになるに違いありません。