他カップルのセックス回数って?理想的な頻度と満足できるセックスの仕方とは

セックスは自分たちが満足できていればいいものでもありますが、やっぱり他のカップルのセックス頻度も気になりますよね。

またどの程度が適正な回数なのかも気になります。

今回はカップルの年齢別のセックス回数と、1回のセックスの内容をより濃くする方法をまとめました!

自分たちらしいセックスを楽しみましょう。

年齢も関係する!みんなの一晩でのセックスの回数

やっぱり若い10代のカップルの方が回数は多めです。10代であれば、少なくても2~3回のセックスを。また、回数が多いと7~8回という男性もいるよう。とはいっても、これは個人差が大きいものでもあります。

男性としては、彼女との会う頻度によっても差がでるという意見も。つまり、なかなか会えない彼女とやっと会えた時のセックスは回数が多くなりがちで、いつも会っている彼女とのセックスは回数が少なめになってしまうというわけです。

一方で女性は、ドライな意見が多い傾向が。何度も何度もセックスを求められると、愛情は二の次で、体だけが目当てだと感じてしまうという女性が多くいます。

たくさんのセックスを求められるよりも、1回だけでいいので濃厚なセックスをしたいと思うのですね。

セックスの理想的な回数・頻度は?

結論セックスの理想的な回数・頻度は、そのカップルによります。

ただ男性の射精回数で考えると、20代であれば週に1~2回程度が目安でしょう。しすぎてもしなさすぎても健康に良くないので、セックスは適度に行うのがおすすめです。

しかしその男性や女性の体力差や、生まれつきの個体差もあります。あくまでもひとつの指標として考えましょう。

セックス=愛ではありません。回数ではなく、その1回1回の重さを感じるのが重要です。

ふたりが1回でも満足できるセックスをするためには?

外国では一晩に百回を超すセックスをする国も多くあり、日本は一晩でのセックスの回数が少ない国だとされています。でも、この少ないとされている回数、または1回であっても、満足できるセックスにすることは可能です!

次は満足できるセックスをするための、ちょっとした工夫をご紹介します。

寝室の香りを変えてみる

例えば、寝室の空間をいつもと違う雰囲気に変えてみましょう。ライトを買い替えたり、アロマを焚いてみたり、あなたが寝る前に香水をつけるだけでも大きく違います。

できれば、男性の性欲をかきたてるような香りがおすすめ。香りは暗がりでも目を閉じても、刺激されるものだからです。

下着を変えてみる

定番かもしれませんが、あなたの下着を変えてみることも、ぜひやってみましょう。男性は、結婚や同棲、もしくは交際期間が長いといった「安心感」から、興奮する気持ちが薄れてしまうことがあります。

あなたが自分の元から去ることはないと思う男性のタイプと、あなたの魅力さがなくなってきたと感じる男性のタイプがありますが、後者の考えをもつ男性にはとっても有効です。

また、あなたの魅力が再び分かれば、他の男にとられるかもしれないと考え、前者の考えをもつ男性にとっても効果が高い可能性もあります。

セックス前のイチャイチャタイムを楽しむ

セックスの前は、一緒にお風呂に入ったり、お互いの身体をマッサージしたりしてイチャイチャタイムを満喫しましょう。実は多くの男女が、ベッドにそのままなだれ込んで成り行きでセックスをしてしまいます。

1回で満足するセックスをするには、2人でイチャイチャする時間を増やすのが大事です。お互いを触れあって、気持ちを高め合いましょう。

アロマを焚いた部屋でリラックスできる環境を整えると、オーガズムに関わる副交感神経が優位になるので、セックス中もいつもより快楽を感じられます。お風呂で血行をあげて、マッサージをしてセックスに挑みましょう!

セックスの後もイチャイチャタイムを楽しむ

セックスの後のイチャイチャタイムも、大事にしましょう。折角セックスに満足したのに、セックスの終わりに不満を持ってしまうと正直良い思い出になりません。

ひとつひとつのセックスが思い出に残るように、楽しい会話を心がけてくださいね。

しかし男性は生物本能的な問題で、射精後は理性的になります。あまり無理を欠けず、男性が辛そうであれば適度に会話を楽しむ程度に抑えましょう。

自分たちらしいセックスの回数で楽しもう

自分たちらしいセックスの回数で、自分たちらしく満足度を高めるのが大事です!

自分たちはどのようなセックスをしたいのかを考えて、お互いが満足できるセックスを心がけましょう。

セックス=愛ではないので、セックス回数が少ないのもあなたたちカップルの個性かもしれません。

miraではこのようなコンテンツも多く配信しているので、ぜひオリジナルサイトでもご覧になってくださいね!