「束縛されてツライ!」と彼氏に感じさせてしまう言動って?

束縛をされることで愛情を感じるという人もいますが、多くの人は束縛を嫌います。特に男性の場合は、この傾向が強いでしょう。では、どのような言動が彼氏を束縛してしまう言動なのか、あなたは理解できていますか?

きちんと知っておかないと、知らない間に彼氏を束縛し、いきなり別れを切り出されて驚くことになってしまうかもしれません。

芸能人に対しても嫉妬してしまう

テレビを一緒に見ている時に彼氏が「女性の芸能人を可愛い」と言った場合などに、必要以上に嫉妬をすることは避けましょう

「この人が好みなんだ~。私も髪の毛切ってみようかな」や「この人みたいに痩せて魅力的になるね!」と可愛くアピールできるのであればいいのですが、芸能人にまで嫉妬を抱いてしまうのはいきすぎです。

彼氏はその芸能人をただ「可愛い」と言っただけであって、実際に会ってもいませんし、浮気しているわけでもありません。それなのにあなたが怒り出すと、困り果てて窮屈さを感じてしまうのです。

1日何回も連絡することを強要する

「朝起きたらLINEして!」から始まり、出社前、お昼の休憩、出社後、就寝前など、1日に何度も連絡を彼氏に求めてしまっていませんか。彼氏も了承のうえでならいいのですが、彼氏が渋々あなたに従っているようであれば、彼氏はそのうち「束縛するな!」と怒り出すかもしれません。

男性はそもそもあまり連絡をとることを好まないので、このように頻繁な連絡をお願いされるのは、束縛されているとしか考えられないのです。

まとめ

あなた以外の女性に彼氏が興味を示す様子を目の当たりにすることが辛いという気持ちはよくわかります。ですが、そこは「怒り」で伝えてしまうと危険です。

彼氏や一般男性にとっては、束縛感を抱いて、あなたを重い女だと感じてしまいます。あまり彼氏を束縛しないよう、気をつけましょう。もし気持ちを伝えるにしても、可愛く素直に気持ちを伝えてみることを心がけてくださいね。

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓