「恋愛って何だっけ...」人を自然に好きになれない理由とは?

皆さま、こんばんは。恋愛をしたい、恋人が欲しいけど、なかなか恋愛ができないという方もいらっしゃるかと思います。もちろん恋愛は「今から恋愛する!」と宣言してするものではありませんし、いつの間にか好きな人がいたというのが自然です。ただそのように自然に人を好きになれない、恋愛ができない人について今回は考えてみました。

恋愛できないのは心に余裕がないから?

こう言っては身も蓋もないのですが、恋愛は生きていく上で決して必要なものではありません。生きるのに必死な人な場合、恋愛をする余裕が生まれないかと思います。生活するのに一番必要なものはお金です。そのため、人は働きます。そして家族や友人などの大切なものがあり、最後に恋人という存在があるという認識の人も。もちろん恋愛に対して優先順位が高い人は、恋人が一番大切という方もいらっしゃるかもしれませんが、心の余裕がないとなかなか恋愛をする気持ちになれない人も多いのかもしれません。

一人の方が楽と感じてしまう

恋愛が面倒だと感じる人は一人でいることに慣れてしまい、そのペースを崩されたくないという方も多いでしょう。一人で寂しくないなら、恋人は必要ないかもしれません。恋人と一緒に過ごす時間が「苦痛」であり「大変」だと感じてしまい、恋愛に一歩踏み込めない方もいらっしゃるかと思います。

好きという感情が分からない

学生時代に好きな人がいたという方も多いと思うのですが、大人になると「好きって何だっけ?」と感覚が鈍感になる方もいますよね。子供の頃はただ素敵だという気持ちで「好きだなぁ」って思えていた純粋な恋愛感情が、大人になると失われてしまうことはよくあります。好きという感情が分からない大人は決してあなただけではありません。

おわりに

本日は大人になって恋愛ができなくなってしまった人の特徴についてお伝えしました。子供の頃より、大人になってからの恋愛の方が複雑で素直に恋愛ができない人も多いかもしれません。ただもし素敵な人を見つけたら、その「いいな」と思う気持ちを大切にしてみてくださいね。