デート中に男性が言われて喜ぶ一言ってなに?

ふたりだけで過ごすデートだからこそ、好きな男性にしか言わないような言葉を伝えるようにしましょう。男性もあなたがデートを楽しんでくれている様子を見て、きっと喜ぶはず!おすすめの一言をご紹介します。

やっぱり言われて嬉しいのは「ありがとう」

お店に入る時にドアを先に開けてくれる、車道側を歩いてくれるなど、男性があなたを気遣ってくれている様子が見えたら、そこは必ず一言「ありがとう」を伝えましょう

いくら「優しいな」と思っていたとしても、相手にそのことが通じていなければ意味がありません。あなたの「ありがとう」が男性に伝われば、男性も嬉しくて、もっと優しくあなたに接しようとしてくれるようになりますよ。

「うわ!もうこんな時間!」とビックリする

まず前提として、デート中にスマホを見ることは、できるだけ避けるようにしましょう。男性との時間に集中してあげるのです。スマホを見ながらデートをして「楽しい」と言われても、これは食事中にスマホを見ながら食べて「美味しい」と言っているのと同じで、まったく説得力がありません。

その代わり、お店や駅での時計をチラチラとチェックして、ある程度の時間になったら「もうこんな時間になってる!今日は時間が経つのが早いね!」と伝えましょう。どれだけデートを楽しんでいるのかが伝わって、男性もきっと喜んでくれるはずです。

「すっごく美味しいね!」と笑顔で伝える

デートで1番メインとなる時間は、やっぱり食事の時間ではないでしょうか。好きなふととふたりきりで向き合って、楽しく話しながら美味しいものを食べる時間なので、男性もネットなどで美味しいお店を探しているはずです。

男性に誘われてたレストランが、たとえ行ったことがあるお店でも初めて訪れたかのように、少し大げさなくらい喜びましょう。「このレストランの雰囲気、とっても素敵!」と笑顔で言ってあげれば、男性も嬉しい気持ちになります。

また、肝心なのがお料理を食べた直後のリアクション。ここも大げさなほど「美味し~い!」と笑顔で伝えてあげるのがおすすめです。男性は、あなたの1口目の感想を想像以上に期待していますよ。

まとめ

男性は好きな人を喜ばせたくて、笑顔をでいてもらいたいと思いながら行動をしています。なので、あなたがとても喜ぶ姿を見ることができると、嬉しくて嬉しくてたまらないのです。デート当日は、こんな言葉を何度も伝えて、男性を喜ばせてあげましょう。

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓