後悔せずに感謝の気持ちで別れる方法って?

世の中にはカップルは何組もいます。どのカップルも幸せそうに見せるかもしれませんが、本当のことは本人たち同士にしか分かりません。そして実際、別れを選択するカップルも数多くいます。

ここで問題なのが、別れたあとの気持ちです。後悔せずに「感謝の気持ちで別れる方法」をご紹介します。

思いきってお互いが本音でしゃべる

別れには前兆があるものです。電話やLINEなどでのやりとりをしていても、なかなか既読にならなかったり、既読はついていても返事はなかったり、あなたには返事がないのにグループLINEには返事があったり。

このような距離をとりたがるような様子がみえるようになれば、直接「別れを考えている」という言葉はなくとも、彼氏は何か考え始めているはずです。普段のデートでも、何気ないしぐさがいつもと違うと感じる場面もあるでしょう。

そのような場合、思い切って話し合いをしてみることをおすすめします。話し合いをしてみれば、彼氏としては無意識でしてしまっていて、あなたが深読みしていただけだったとわかるかもしれません。

お互いの気になるところを言い合うことで、今後は意識してやめていこうと絆が深まるかもしれません。とにかくあなたがひとりで妄想を膨らませて怒って別れてしまうことは、後になって必ず後悔します。きちんと向き合えば良かった、と。

これまでの「ありがとう」をたくさん伝える

どのようなかたちであれ、別れることになったのであれば、お互いに感謝の気持ちを伝え合いましょう

ふたりで初めてデートした思い出を振り返ってみたり、誕生日やクリスマスのわくわく感を思い出してみたりして、「ありがとう」と笑顔でさよならをしませんか。

まとめ

カップルの数だけ別れ方の種類があります。ただ、後悔するのはやはり、お互いが感情的になってしまったことで別れたケースです。「あの時、もっと落ち空いて素直に気持ちを伝えあっていたら違ったのかもしれない」と考えがちだからです。

1度壊れた関係をもとの状態に戻すことはとても難しいことといえます。そして相手はコントロールできません。とにかく冷静にふたりで話し合ってみませんか。

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓