早く乗り越えたい!気持ちの回復を早めるためにできることは?

なにかトラブルがあったり、大きなミスをしてしまったりすると、数日は落ち込んでしまうものです。けれど、この心の傷を癒す力が早い人もいます。このような人のことは「レリジエンスが高い」と表現されるのです。レリジエンスは、さまざまな研究によって鍛えることが可能であることがわかっています。」

レリジエンスを高める前に自分についてよく知っておく

2016年セントラルルーズベルト病院による研究によると、自分の人生の目的や生きがいといった感覚を意識する人は、意識せずに毎日を生活する人に比べて死亡率が5分の1であったことがわかりました。

あなたは、自分がどのような時に充実感を抱くのか、どのような価値観をもっているか、どんなことが好きでどんなことが嫌いか。こういったことから自分を知り、あなたの現時点での将来の目標を見てみましょう。

ケンカや仕事でのミスなどが起きた光景をリアルに思い出す

ネガティブなことが起きたので気持ちが落ち込んでいるのであって、それをリアルに思い出すだなんて、まるで自分を自分でいじめているみたいだと思いませんか。けれど、これは「コンクリートトレーニング」といい、レリジエンスを高めるためには有効な手段だとされています。

「苦しい出来事を追体験しなければならない」と考えず、「どのようなことがきっかけとなり今のような状態になったのかをはっきりさせる」と考えるようにしましょう。こうしてリアルにその出来事を思い出すことにより、自分の行動を客観視して見ることができます。自分の気持ちを思い出しながら、リアルに状況を見ることがでるので、出来事を受け入れやすく、今後に活かしやすいとされているのです。

ちなみにこちらも、エクスター大学の研究によって、コンクリートトレーニングをした人と何も実践しなかった人を比べた場合、コンクリートトレーニングを行った人の方が気分の落ち込みが少なく、気持ちの回復が早いと考えられています。