あれ・・・?私ってちょっと変なのかも。本気で誰かを好きになったことがないあなたへ

周りの友達は、みんな片想いをしたり、片想いが実って彼氏との恋愛を楽しんでいるのに、どうして私は好きな人がいないんだろうって思ったことありませんか。こんな気持ちなったら、戸惑ってしまうのは当然のこと。でも、こうなってしまうのには理由があるんです。まずは、あなた自身がこの理由を知らなければ、状況を変えることは難しいでしょう。

あなたが自分に「魅力がない」と思ってしまっているから

誰かを本気に好きになる時、人は無意識に「私ってこんなに魅力的なんだよ!」ってアピールすることを考えています。「自分から告白する勇気なんてないよ!」という人でも。

一方で、あなたが自分に「私って魅力的!」という『許可』を出せていなければ、このような気持ちを抱くことは難しいでしょう。なぜなら、あなたは自己肯定感が低くなってしまっていて、自分のことを否定しまくっているのです。

自分で自分のことをおすすめできないのに、他人に自分をおすすめできるわけがない。あなたが気付いているかどうかに関わらず、「人を愛したい!」という気持ちよりも、こっちの方が大きくなって、いつのまにか『恋愛は怖いもの』だと思い込んでしまっているといえます。

あなたが自分のことを好きすぎるから

先ほどは、自分のことが魅力的だと思えない理由をお伝えしましたが、こちらは自分のことが好きで好きでたまらないという気持ちです。この気持ちがあると、これもまた、誰かを本気で好きになることは難しくなります

例えば、気になる男性がいるとしましょう。ここで「この人は、私と付き合ったら、私のことをどれくらい大切にしてくれるかな?」「この人と付き合ったら、友達はみんなどう思うかな?」「私の彼氏なんだから、私と同じくらい完璧であってほしい」と考えてしまうのです。

そして、あなたの条件をクリアできる男性は、なかなか見つけられないでしょう。だって、誰にも長所があれば、欠点だってある。その欠点を補えあえる関係がベストカップルだからです。その前に片想いをすることすら難しい。だからあなたは悩んでいるに違いありません。

あなたがどうして誰も本気で好きになれないのか、それは、あなた自身のプライドが大きく邪魔してしまっていることに気付きましょう。そのプライドを手放せた時、あなたは誰かを本気で愛せるようになり、愛されるようになるはずですよ。