あなたには直接言えない!でも彼氏が本当は嫌だと思っていること

彼氏とはいえ、あれこれ言って彼女を束縛したくないという思いから、なかなか「それ、やめてほしい」と言えないことがあります。あなたは彼氏が嫌がっている可能性の高い行動をしていませんか。

勝手にSNSにデートの様子を載せてしまう

彼氏とどんなところに行ったとか、彼氏とのツーショットの写真など。「SNSに載せてもいい?」とも言わずに載せてしまう女性は結構多いのではないでしょうか。あなたの友達はあなたがよく知っている人で、写真を悪用しないと言い切れる信頼があるからこそ載せているはずです。

けれど、彼氏にとっては、あなたの友達は面識がない人ばかり。また、知り合いであれば余計に、知らないうちに写真がたくさん掲載されて、1日何をしていたのか行動を他人に把握されてしまうのが恥ずかしいと考える男性も多いです。

彼氏の心を深読みして行動する

付き合っている期間が長くなれば、初回のデートよりも盛り上がりが欠けていくことは自然なことです。なのに、それを「私のことが嫌いになったんだ」と勝手に決めつけ、彼氏の気持ちを試すような行動をしてしまう彼女のことは、とても面倒に感じてしまいます。

それなら「ねえ、私のこと、大好き?」と素直に聞かれる方が、彼氏としては付き合いやすいと考えるのです。また、彼氏の気持ちを勝手に決めてつけてしまう行動は、彼氏にとっては「自分のことを見下している」と意味の行動だと解釈される場合もあるので、気を付けるようにしましょう。

露出度の高い服を着る

男性の本能として、露出度の高い女性を見ると、無意識にその女性を見てしまいます。なので、男性心理を知っている彼氏だからこそ、デート中に彼女が露出度の高い服を着ることに抵抗を感じてしまいます。デートも、他の男性の視線が気になって、なかなか楽しめないのです。

けれど、彼女が着たい服を否定するようで、この気持は言い出しにくいと悩む男性は案外多いのです。ふたりきりの時だけ露出度の高い服を着るようにすれば、彼氏も特別扱いされている気持ちになって喜んでくれますよ。