数ヶ月で別れるカップルの特徴3選、こんなカップルは要注意!

ほんの短い期間で別れてしまうカップルには、いくつかの特徴があることが分かっています。あなた達はいかがですか。これからご紹介する特徴が当てはまるからといって、もう無理なんだと諦める必要はありません。特徴を知って、どうしたら改善できるのかを考えるヒントにしてくださいね。

会って話をしていても楽しくなくて盛り上がらない

あ付き合い始めはお互いのことを知りたくて仕方がないので、会話が弾みます。共通点が見つかるたびに嬉しくなって、ますますお互いのことが好きになって燃え上がるでしょう。けれど、ある程度の期間が経つと、パートナーのことをある程度は知ることができています。そのため、最初の頃のようにお互いが興味をもつということがは少なくなるのです。

このようになると、ふたりの会話が弾まないという状況になりがちです。いわゆる倦怠期ですね。早いカップルだと3ヶ月で倦怠期を迎えるといわれています。そして、この3ヶ月目で別れてしまうカップルが多いのです。

知り合ってから付き合うまでの期間が短い

友達からカップルになるパターンでは、ある程度はお互いに相手を知る期間があります。けれど、友達の紹介やアプリを使った出会いの場合は、それほどお互いにを知ることなく付き合うことが多いでしょう。

「偶然出会った運命の相手」だと思って、最初はそれは盛り上がる恋愛を楽しみます。けれど、これも3ヶ月もすれば飽きてしまいます。お互いのことを知って会話が続かないのではなく、パートナーのことを知れば知るほど「思ってた人じゃない」と気づくのです。

付き合うまでの期間があまりにも短すぎるため、理想とのギャップも大きくなりがちです。また、最初に燃え上がった恋愛が基準になるので、そのギャップに追いつけなくなってしまうことも原因となるでしょう。

会うことすら難しくなってしまっている

付き合った当初はふたりの時間を優先する人も、ふたりの関係が落ち着けば元通りの生活に戻ってしまいます。これは決してパートナーが嫌いになったわけではなく、反対に安心感を抱くようになったからこその行動です。

もし、多少の時間のズレであれば、お互いが少しずつ歩み寄って時間を作ることができるでしょう。けれど、これが仕事で残業ばかり、出張ばかり、趣味や習いごとばかり、となってしまうと危険です。なんのために付き合っているのか分からなくなってしまいます。