あなたが必死に頑張っている自分磨き。それは誰のため?

自分磨きとしてヨガやお料理教室に通ってみたり、ダイエットに励んでみたり。外見も内面も「彼氏とつりあう魅力的な女性」でいたいために続けたい。けれど、なかなか続かない。こんな人はいませんか。決して彼氏が嫌いなわけではないはずなのに、自分磨きが続けられないのは、どうしてなのでしょう。

その自分磨きは、いったい誰のためにしているの?

この見出しに「ドキッ!」としたあなたは、少し要注意かもしれません。あなたが日々なにかに取り組んでいる自分磨き。それは、誰のためだと思ってしていることですか。答えはすぐにでますか。

自分磨きをすることはとても大切です。彼氏も、何かに打ち込んでいるところや、成果を出したことに対して一緒に喜んでくれるでしょう。また、自分のためにより良い女性になれるように努力してくれていることに、彼は喜んで、幸福感を抱いてくれるはずです。そして、彼氏にとって、あなたをを大事にしようと思える原動力にもなるでしょう。

けれど、本音の部分はどうでしょう。自分のため、そして彼氏のためと始めた自分磨きだけれど、正直なところ、その比重はどのようになっていますか。もし、あなたが「彼氏のため」に自分磨きをしたいという気持ちが大きいのであれば、うまく続けることができないのは当然のことといえます。あなたが本気でしたくてやっていることではないのですから、やりたくない自分の本音が優先されるのは、ごく自然なことです。

自分のための自分磨きは楽しくて継続できるはず!

彼氏のために自分磨きをしようと考えることは「他人軸」といえます。あなた本人ではなく、彼氏の考えがメインになっている状態です。一方、あなたが自分自身のために、自分を大切に扱うことを重視した考えを「自分軸」といいます。

自分の中で理想の女性像を思い浮かべたり、身近な人を目標として励んだりする「自分軸」の自分磨きであれば、楽しく取り組めるので、自然と続けることができます。けれど、彼氏のため、周りから理想的な彼女と思われたいためといった、周りからの評価が基準となった自分磨きは、飽きるのも早く、モチベーションも低く、なかなか効果もでないはずです。あなたは、どうでしょう。