いつでも彼氏を最優先!「私なんて我慢すればうまくいくの」な恋愛はマイナスでしかない

「なにか辛いことがあっても、私さえ我慢し続ければ、私たちは仲の良いカップルでいられる」このように考えて自分のなかで不満を打ち消そうとする女性が多くいます。確かに文句ばかり言う女性を愛してくれる男性は少ないかもしれませんが、この状態はどうなのでしょう。

心理学から考える!我慢してしまう人の特徴って?

実は、心理学において、我慢をしてしまう人は、寂しい気持ちを抱えてしまう人だといわれています。特に、親子関係がうまくいっておらず、子どもの頃にひどい目にあったと考える人は、このように我慢をしがちです。とはいえ、実は、これはあなたの「記憶間違い」なケースもあるのです。

あなたのなかで「親は冷たかった」「だから私は素直な気持ちを言ってはいけなかった」という記憶が大きく残っていたとしましょう。確かに親はあなたに厳しい親であったかもしれません。けれど、子どもなので親の感情を察することが難しく、本当は優しい親であった可能性もあるのです。

つまり、子ども時代の記憶が思い込みであったとしても、なかなか「小さい子どもだったから勘違いしちゃったのか!」と気付くのは、簡単なことではありません。このくらい、我慢とは無意識のレベルでしてしまっており、なのにとても苦しい、とても複雑な感情なのです。

我慢をやめて自分の素直な気持ちを伝えた方が関係は良好に!

我慢をしがちな女性は、つい彼氏の細かな言動や顔色を見て、自分ひとりで判断をして我慢をしてしまいがちです。けれど、ここで、たとえ彼氏とは真逆の意見であったとしても「私はこう思う」と伝えることができれば、あなたは本当の意味での幸せな恋愛ができるでしょう。

これがなかなかできずにいるから辛いのであって、頭でわかっていてもなかなかできないという気持ちはわかります。けれど、今のあなたは「仮面をかぶったあなた」でしかありません。本当のあなたを彼氏に見せないで、どうして「私達って幸せだね」と言えるのでしょうか

あなたの自己肯定感を高めることから始めよう

自己肯定感とはどういったものか知っていますか。自己肯定感が高い人は自分のことが好きで、周りからも大切に扱われます。一方、自己肯定感が低いとされる人は自分のことが嫌いな人が多く、実際に周りの人からも軽く扱われてしまう傾向があります。

なので、あなたが少しずつでも自分の気持ちを彼氏に話をし、我慢をすることをなくしていけるようにしませんか。あなたらしくいても、彼氏があなたを愛してくれる関係になれればなれるほど、あなたたちは幸せなカップルとなれるでしょう。日常生活のなかで、できるところからだけでも始めてみませんか。