今なら無料コンテンツ楽しめます!↓

あなたにとって良くない恋愛のかたちとは?

恋愛のかたちはそれぞれのカップルで異なります。日本でも昔から「男尊女卑」ともいえるようなかたちもありますが、ふたりがそれで良ければいいのです。

ただし、あなたが嫌だと考えているのに我慢してしまっているようでは、それはあなたにとって良くない恋愛のかたちといえます。

いつも妥協してばかりいる

恋人同士であれば、ふたりで決めることはたくさんあるでしょう。デート先から旅行先、連絡の頻度など。挙げだすとキリがありません。しかしこのように何かを決める時、あなたの意見が通ることはありますか。いつも彼の意見が通り、あなたが渋々OKするというような関係になっていませんか。

もし彼がいつも優先的になっていて、あなたもそれに苦痛を感じているのであれば、それは良くない恋愛のかたちといえます。我慢しているあなたは、彼のことは大切にできても、自分自身を大切にできていません。パワーバランスが釣り合ってこそ、恋愛は成り立つものでなくてはいけないのです。

彼の行動がすべて正しいと怒られる

彼がいつも怒ってくるような状況だったとしましょう。それをあなたが悪いと、彼が正当化するのです。第三者から見ても彼の方が悪いような状況であっても「あなたが悪いから俺がこうしなきゃならない」と暴言ともいえるようなかたちでぶつけられて、あなたは洗脳されたような状態になっています。

「いつも私が悪くて彼を怒らせてしまう」と考えがちな人は、要注意です。本当にあなたが悪かったのですか?彼にも悪い部分はありませんでしたか?喧嘩をしても、お互いが謝るような平等な関係でいなくてはならないのです。

まとめ

あなたはこのような状況に陥っていませんか。いくら彼のことが好きでも、このような恋愛のかたちは、あなたにとって良くありません。楽しいのは一時のことで、苦痛の方が多いのであれば、ふたりの関係を断ち切る勇気も必要です。「自分が悪くて・・・」と考えている人は、特に要注意といえます。