お泊まりの翌朝に、男性が彼女からおねだりされたいセリフまとめ

一晩を一緒に過ごして翌朝に目が覚めた時、彼女であるあなたから、もう1度エッチをお願いされたいと考えている男性は多いんです。しかも、男性のなかでの理想のエッチの誘われ方というものがあるのを知っていますか。エッチのお願いを聞いてあげたいと男性が思ってしまいやすいセリフがあるので、あなたもぜひ伝えてみましょう!

可愛く甘えて抱きしめられながら「またエッチしよ!」と言われる

彼氏が目覚めてまだウトウトしているような時に、あなたにぎゅっと抱きしめられて、可愛く甘えた声で「またエッチしよ!」と誘われる。これが男性が夢見てしまう、彼女からの朝のお誘いパターンです。

「また」と言うのは、昨夜のエッチがとても気持ち良くて、女性が喜んでいる証拠でもあるので、男性としても「そんなに言ってくれるなら」と応じてあげやすいセリフなのだとか。エッチしたい時は、そのまま気持ちを伝えるのが1番ということですね!

恥ずかしそうに「朝だけど、エッチしたくなっちゃった」と伝えてもらう

多くの人は「エッチは夜にするもの」と思い込んでいるところがあるのではないでしょうか。なので、朝に誘うのは恥ずかしいと分かっているけど、それでもエッチがしたくなったという気持ちを伝えてみるのがおすすめです。男性は、この恥ずかしく伝えるという動作に弱いみたい。

「昨日の夜にもエッチしたのに今朝もエッチするなんて」という意味にも解釈できますよね。どちらにしても、恥ずかしいから言いにくいけれど、それ以上にエッチしたくなったから伝えたというあなたの気持ちさえ伝われば大丈夫!素直にかわいく伝えてみましょう。

ちょっと積極的に!「起きた?また、しよっか!」

彼氏が目覚めた瞬間にあなたが彼氏を見つめて「起きた?」と声をかけましょう。そして、いきなり伝えるのです。「また、しよっか!」って。

彼氏としてはビックリするでしょう。けれど、この予想できなかったあなたの言葉が、男性の性欲を高めるのです。朝からのエッチというのも新鮮で、さらにムラムラしてしまうもの。彼氏をドキドキさせてみませんか。

miraではこのようなコンテンツも多く配信していますので、ぜひご覧になってくださいね!