【不幸】絶対に関わっちゃだめ!モラハラ男の特徴4選

皆さま、こんばんは。世の中にはものすごく優しい男性がいる一方で、モラハラをする男性もいます。モラハラとは、モラル=道徳や倫理、ハラスメント=嫌がらせという意味合いなので、道徳や倫理に反した嫌がらせをする男性のことを指します。こうした男性と関わると不幸になる可能性がありますので、注意が必要です。今回は絶対に関わってはいけないモラハラ男の特徴を4つご紹介します。

自分が大好きなナルシスト

モラハラな男性は自分が大好きなナルシストであることが多いです。自分が常に上の立場にないと気が済まず、相手のことを見下した態度をとることも。そのため、モラハラな男性は自分の言うことを従順に聞くような女性を好みます。自分の優位性が確認できるような相手を選ぶことが多いのがモラハラな男性の特徴です。ナルシストな男性は自分に自信があるので、一見魅力的に見えますが注意が必要です。

外面が良い

モラハラな男性は人に良く見られたいという欲求が強いので、外面が良いことが大きな特徴です。自分を押し殺してでも人に良く見られたいと思っており、必要以上に素の自分を隠そうとします。外面が良いので、女性に対してモラハラをしていても「まさかあの人が」と思われることも。

嘘をついても気にしない

嘘をつくと普通の人は罪悪感を感じます。しかし、モラハラな男性は息をするように嘘をつきます。嘘をついても全く気にすることなく、むしろ自分を大きく見せるための嘘ならつくのは全然OKだとその嘘を正当化します。自分自身を満足させるために平気で嘘をつくのも特徴的です。

彼女の嫌がることをする

交際相手がいる場合、その彼女の嫌がることをわざとして悦に入るモラハラな男性も多いです。普通なら好きな人に嫌われることを恐れ、嫌がることはしませんよね。しかしモラハラな男性は相手が嫌がることをして悲しんだり、苦しんだり、困ったりすることを見て喜びを感じます。そこに快感を感じるのがモラハラ男性の大きな特徴です。