マッチングアプリを使った恋活・婚活に向いていない人って?

恋活・婚活でマッチングアプリを使って、恋人や結婚前提でお付き合いができる人を見つけることが定番化しつつあります。アプリは安価で異性と出会うことができるうえ、時間に縛りがないので隙間時間を使いながら恋活・婚活ができます。

ただし、以下のような人は、マッチングアプリを使った恋活・婚活に向いていない可能性があります。

アプリでの出会いというものに対する抵抗感が強い

結婚相談所であれば仲介者がおり、異性の相手とも早い段階で顔を合わせます。けれど、アプリは最初は写真とプロフィールに書かれていることを頼りにメッセージ交換するところから始まります。

メッセージをしばらくやり取りをした後、電話をしたり会いましょうという話にはなりますが、時間が必要となりやすいツールだといえます。これだけの期間、アプリで知らない人とやりとりできないと思うのであれば、マッチングアプリは難しいかもしれません。

また、このプロフィールは全ての人に公開をした方が出会う異性の数も多くなりますが、できない人は極端に出会いが少なくなってしまうでしょう。誰でもプロフィールには顔写真がある人でないと、いいねをするかどうか判断することすらできないと感じるからです。

これでは、せっかくのマッチングアプリの良さを活かすことができずに時間だけが過ぎてしまいます。

メッセージをマメに返信することが苦痛

マッチングアプリではメッセージ交換をすることで、相手とのフィーリングを確かめていきます。当然、数日に1通のメッセージ交換よりも、1日1通またはそれ以上のやり取りの方が相手のことを多く知ることができます。また、恋活・婚活に対する積極さをアピールする機会にもなるでしょう。

けれど、どんなに恋活・婚活に真剣であったとしても、メッセージを送るという行動が伴っていないと相手には何も伝わりません。他の女性とのやりとりが増えると、男性はあなたに返事をしなくなる可能性も高いのです。

メッセージの内容で困っているのであれば、どのような内容を書けば良いのかを考えてからマッチングするようにしましょう。そうすれば、マッチング後のメッセージもスムーズに送れますよ。