重いと嫌われる?バレンタインに失敗しないチョコの渡し方とは

2月14日といえばバレンタイン。

「気になるあの人にチョコをあげようかな」「どんなチョコをあげよう?!」と、そわそわしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、彼の気持ちに確証が持てないのであれば、焦って告白をしたりするのは避けたほうが無難。

彼の気持ちに確証がないのであれば、嫌われないよう重くならない渡し方をするのがオススメです。

そこで今回は、バレンタインに失敗しないチョコの渡し方を紹介します。

バレンタインを次に繋げられるよう、頑張ってみてくださいね♪

重いと嫌われる?バレンタインに失敗しないチョコの渡し方とは

では、バレンタインに失敗しないチョコの渡し方についてお話しします。

ぜひ1年に一度のバレンタインを、甘い思い出にしてみてくださいね♪

1:手作りよりも市販のものを

まず1つ目は「手作りよりも市販のものを渡す」こと。

バレンタインだからといって、頑張って手作りをしよう!と思わなくて大丈夫。

実際、手作りチョコが喜ばれるのは学生の時だけ。

社会人になると手作りチョコは重く感じてしまい、彼を気まずくさせてしまうことも。

もし一緒に住んでいたり、夫婦であったりすれば話は別ですが、付き合う手前の関係性であれば、市販のチョコが無難でしょう。

2:偶然を装って

そして2つ目は「偶然を装って」です。

彼と二人きりになるために「後であそこに来てね」と呼び出してしまうと、どうしても彼も緊張してしまいます。

緊張をするとどうしても重く受け取られてしまい、ギクシャクしてしまうなんてことにもなりかねません。

そこで呼び出しをするのではなく、あくまで偶然を装って2人きりになれるチャンスを待ちましょう。

2人きりになれないからといって人前で渡すのも、彼を気まずくさせてしまうためNGですよ。

3:高価なものは渡さない

そして3つ目は「高価なものは渡さない」こと。

高価なものを渡されることで、重く受け取られてしまうパターンもあります。

市販で5,000円以上するチョコなんかもありますが、「お返しに何を求めているんだろう...」と不安にさせてしまうことも。

親しい間柄ならいいですが、付き合う手前に高価なものはできるだけ避けるのが無難でしょう。

まとめ:バレンタインをビターな思い出にしないために!

今回は、バレンタインの失敗しないチョコの渡し方についてお話ししました。

バレンタインを苦い思い出にしないためにも、あくまでフランクに渡してみてくださいね!