年下男子と付き合いたいなら!大切にすべき3つのこととは

あなたは、「可愛い年下男子と付き合いたい!」「年下男子に甘えられて癒されたい♡」と思ったことはありませんか?

30代に突入すると、若い男の子が可愛く見えたり、母性本能がくすぐられる年下男子に惹かれることもありますよね。

何年か前には「きみはペット」という漫画も流行り、年下男子に魅了された女性も多いのではないでしょうか?

しかし、年下男子と付き合いたいならば、大切にしなければいけないことが3つあります。

今回は、そんな年下男子と付き合う際の大切にすべき3つのことを紹介していきますね。

年下男子と付き合いたいなら!大切にすべき3つのこととは

では、年下男子と付き合う際の大切にすべき3つのことを紹介します。

年下の男性と付き合いたい!と思った時には、次の3つを意識してみて♪

1:「お母さん」にならないこと

1つ目は「お母さんにならない」こと。

年下の男性とお付き合いすると、母性本能がくすぐられて「なんでもやってあげる!」という気持ちになってしまうもの。

しかし、「ちゃんとあれやった?」「忘れ物ない?」など、口うるさくなってしまうと、どうしてもお母さん感が出てしまうことに...

そんなお母さん感のある女性に対し、年下男子はときめきを感じないもの。

年下男子と付き合う時には、口うるさくならないよう気をつけて!

2:若さ以外の強みを持つこと

2つ目は「若さ以外の強みを持つ」こと。

年下男性と付き合うためには、見た目だけでなく中身で勝負しなければいけません。

年下男子の同年代には、若くてかわいい子が多いのが当たり前。

そんな若さに対抗できる何かがなければ、年下男子を魅了することは難しいでしょう。

仕事を頑張る姿を見せたり、大人の余裕のある姿を見せたり、若さ以外の強みを持って年下男性を魅了して♪

3:重い女性にならないこと

3つ目は「重い女性にならない」こと。

年上女性が年下男子に向かって「私と仕事どっちが大事なの?!」と責める姿を想像してみてください。

なかなかちょっと痛いところがありますよね。

年下男性と付き合う時には、年下男子から追いかけられるくらいの余裕のある女性にならなければなりません。

年下男性に重い姿を見せてしまうと、「年上なのに余裕ないな...」と幻滅されてしまうかも。

重い女性にならないよう、大人の余裕を見せつけて♡

まとめ:年下男子との恋を成功させよう♪

今回は、年下男子と付き合う際に大切な3つのことを紹介しました。

ぜひあなたも、年下男子と付き合う際には3つのことを意識してみて♪