恋愛には進み方がある!ふたりの絆が深まっていくSUR理論とは?

「SVR理論」とは、恋愛が進む過程のレベルを表しているものです。「S、V、R」の3段階があり、SからRへ進むにつれて、ふたりの絆は深まっていくと心理学では考えられています。

あなたは今どのレベルにいるのでしょうか。また、恋愛が長続きしないという人は、いつもどのレベルで別れを決断してしまうのでしょうか。

初めの段階「SVR理論のS段階」

出会いから付き合い始めの頃の恋愛初期段階を「SVR理論のS段階」といいます。相手の容姿を見たり、声を聞いたりして、視覚や聴覚が刺激されて惹かれている段階です。

このS段階の時期は、スカートをはいたり、顔もとで揺れるピアスをつけたりして、女性らしさをアピールしましょう。また、電話で話をする時は、聴覚から彼にアピールをするのがおすすめです。

彼の話には「うんうん」と相づちを打ち、少し高めのトーンで話しましょう。電話の最後には「電話ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることも忘れずに。

少し距離が縮まった「SVR理論のV段階」

S段階より進んだ次の段階をV段階といいます。このV段階の時期は、お互いが恋人として相応しい魅力的な人だと感じ、交際を続けています。このV段階では、ふたりの時間をどれだけ楽しいと感じて過ごすことができるかが非常に重要です。

また、お互いの価値観が同じかどうかを確かめ合う段階でもあります。食べ物や趣味などの好みが同じかどうか、たとえ違っていてもそれを理解し合えるかどうかがカギとなります。つまり、お互いの価値観をどんどん知って、愛を深めている時期です。

結婚は目前!「SVR理論のV段階」

最終段階であるV段階は、交際期間も長く、お互いのことを結婚相手として意識し始める段階です。けれど、結婚の話が出ても、そのままスムーズに結婚に至らないケースが多いのです。女性は特に年齢を気にして結婚を焦ってしまう傾向があり、ここでふたりについて改めて考える人も多いでしょう。

彼との交際を続けたいのであれば、たまには手料理をふるまってみるのはどうでしょう。また、彼が落ち込んだ時には支えになってあげるなどの行動を積極的にしていくことも大切です。

まとめ

恋愛は「SVR理論」によって3段階に分けられると考えられています。あなたの恋愛段階を確認してみましょう。また、恋愛が長続きしない人は、どの段階でいつも問題が起こるのか考えてみることをおすすめします。