冷められた...?!気持ちが冷めた男性から送られてくるラインの特徴は?

あなたは、「なんだか彼の様子がおかしい」と悩んでいませんか?

つい最近まではすごくラブラブな連絡をしていたのに、最近なんだかそっけないような...そんな気持ちでそわそわしている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、気持ちが冷めた男性から送られてくるラインの特徴を3つ紹介します。

もし、次の3つのパターンのラインが送られてきている場合、もしかしたら男性側が冷めてしまっている可能性大...

少し彼のラインの様子を伺ってみてくださいね。

冷められた...?!気持ちが冷めた男性から送られてくるラインの特徴は?

では、気持ちが冷めた男性から送られてくるラインの特徴を3つ紹介します。

もし、彼のあなたへの気持ちが冷めてしまったとしたら、何か手を打たなければこのまま彼の心はフェードアウト...

ぜひ彼の気持ちをラインから探ってみてくださいね!

1:「ちょっと仕事が忙しくて」

まず1つ目は「ちょっと仕事が忙しくて」です。

あなたからデートの誘いをしてみたり、「ここ行ってみたくない?」と彼に打診してみたりした際の彼の反応を伺ってみましょう。

もし、彼が「ちょっと仕事が忙しくて都合がつかない...」と言う返信だけだった場合、あなたへの気持ちはかなり薄れている可能性が大...

もし「今は仕事が忙しいけど○日以降ならいいよ!」と日付をしっかり指定してくる場合には、安心しても○。

しかし、都合がつかない...とだけ送られてくる場合には注意が必要でしょう。

2:「また連絡するね!」

そして2つ目は「また連絡するね!」です。

あなたに好意を寄せている男性であれば、仕事が忙しくてもなるべく返信を途切らせないもの。

しかし、「仕事が落ち着いたらまた連絡するね!」と連絡を途切らせてしまう場合、ほとんどの場合が気持ちが冷めて「もう連絡してこない」と言うパターン...

正直、もし「また連絡するね!」と言われたら、「あ、フェードアウトされてるんだ...」と気づいた方が○です。

もしまだ彼と連絡がとりたい!と言う場合には、1ヶ月くらい時間が経った時に連絡すると、また連絡が再開できる可能性もありますよ。

3:「そうなんだ、へえ」

そして3つ目は「そうなんだ、へえ」と言うような相槌のみの場合。

あなたが、「今日○○だったんだ」とあなたの出来事を話した時、会話を膨らませてくれる場合はあなたに好意がある証拠。

しかし、「へえ」「そうだったんだ!」というような相槌のみの場合には、あなたへの気持ちが薄い証拠でしょう...

もし、相槌だけの連絡が来た場合、その会話を早く終わらせたいという彼の気持ちが見え隠れしています。

少し彼への連絡の仕方を変えてみるのが良さそうですね。

まとめ:彼の気持ちが冷めてしまったら少し連絡の仕方を変えてみて!

今回は、彼の気持ちが冷めた時に送られてくるラインの特徴を紹介しました。

彼の反応はいかがですか?

ぜひ彼の気持ちが冷めてしまったという場合には、あなたの行動を変えてみてくださいね!