恋愛心理学から学ぼう!男性に好意を抱いてもらうために活用したいテクニック

大好きな彼をお食事に誘ってみませんか。「美味しいレストランがあるって聞いたから、一緒に行かない?」と気軽に声をかけてみるのがおすすめです。すると相手も身構えることなく「行こうか」と言ってくれたりするもの。そして、そのデートで、一気に彼との距離を縮めましょう。恋愛心理学の観点から見ておすすめのテクニックをご紹介します。

名前の通り、食事を中に使う「ランチョンテクニック」

これは恋愛だけではなくビジネスにおいても、よく使われているテクニックです。よく「接待」という言葉を聞きませんか。接待をするのは、食事をしながら交渉をすると、うまくいくという心理学に基づいた手法だからです。食事中は誰でもリラックスしますし、神経は食事の方へ向いていて判断直が鈍っている状態となります。

そして、このような状況のなかで交渉をするのです。難しい内容の交渉であっても、相手がリラックスしているのと、食事に意識が向いているので、細かな確認などが少なく交渉が成立する確率が高まるというデータが出ています。なので、あなたも食事をしながら「今度、映画に行かない?」と、ステップアップしたデートのお誘いをしてみてはいかがでしょう。

小さなお願いをしてから大きなお願いをする「フット・イン・ザ・ドア」

これは、まず小さなOKをもらいやすいお願いごとを相手にすることから始まります。小さなお願いなので、比較的OKしてもらえるでしょう。そうしてお願いを受け入れてもらうことができれば、次は少し大きなお願いをします。本当のお願いがあれば、さらにこの後にお願をする流れです。

このように、お願いごとの段階を少しずつ上げていくことで、後半の大きなお願いもOKしてもらいやすくなるといわれています。状況に応じて、小さなお願いを「デートしない?」としてもいいですし、「今度、電話してもいい?」でもいいでしょう。大きなお願いも、あなた達ふたりの関係に合わせてベストなものを選んでくださいね。