彼の愛が冷めてしまう?彼に言ってはいけないNGワードとは

あなたは彼に対して、NGワードを言ってしまってはいませんか?

「彼が私のことを好きか不安」「なんだか冷たくなってしまった」と思う人は、もしかしたらこのNGワードが原因かも!

そこで今回は、彼に言ってはいけないNGワードを3つ紹介します。

ぜひ、あなたの言動を見つめ返して言ってしまってはいないか確認してみてくださいね!

彼の愛が冷めてしまう?彼に言ってはいけないNGワードとは

ではさっそく、彼の愛が冷めてしまうNGワード3つをご紹介します。

彼からの愛が不足していると感じると、どうしても言いたくなってしまうNGワード。

ぜひこの機会に見つめ直してみましょう。

1:なんで?どうして?

まず1つ目は「なんで?どうして?」という言葉。

あなたは彼に対して「なんで連絡くれないの?」「どうして会ってくれないの?」と言ってしまってはいませんか?

なんで?やどうして?などの言葉は、男性側からすると「責められている」と感じてしまうNGワード。

あなたが責めているつもりでなくても、どうしても男性側は責められていると感じてしまうため愛が冷めてしまう原因になります。

連絡がないとすぐになんで?と言ってしまう癖がある人は、一度その癖を直すようにしましょう。

2:私と仕事どっちが大事なの?

そして2つ目は「私と仕事どっちが大事なの?」です。

これはもはやNGワードの定番フレーズですよね。

彼にとって仕事は人生のようなもの。

仕事をしなければあなたを喜ばすこともできませんし、お付き合いしている人であればあなたのために仕事をしていると言っても過言ではありません。

仕事で忙しいという時にはそっとしてあげて、彼の仕事を応援できるような人になってくださいね♪

3:こんなにしているのに!

そして3つ目は「こんなにしているのに!」です。

これは男性に尽くす女性に多くあるパターンで、無意識のうちに見返りを求めている時に出てしまうNGワード。

そもそも、その見返りを求めてやった尽くし行動は、彼から頼まれてやったものでしょうか?

彼のためにと思って自ら動いている行動であれば、もしかしたらそれは彼にとってそこまで感謝されていないかもしれません。

もしこの言葉を言いそうになってしまった時には、あなたが尽くしすぎてしまっているサイン。

ぜひ一度尽くすのをやめてみてくださいね♪

まとめ:NGワードを言わないような生活を送ろう♪

今回は、彼の愛が冷めてしまうNGワード3つを紹介しました。

あなたは普段、彼を責めたり見返りを求めたりしていませんか?

一度自分の生活を見つめ直してみてくださいね♪

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨