恋愛を長続きさせる秘訣って?

どうせなら恋愛は長続きさせたいものですよね。だからこそ、カップルがお互いを傷つけないよう、恋愛のルールがあるのです。けれど、恋愛はマニュアル通りにはいきません。予想外のことが起き、好きだからこそ反対の感情でメッセージを伝えてしまうこともあるのです。

なので、いつでも恋愛ルール通りに動く必要など、ありません。時と場合によっては「ルールに従わない」を重視することも大切。では、どのようなシーンでは、恋愛のルールを忘れた方がいいのでしょうか。

恋愛は引き際が肝心

彼氏のことを本当に愛しているなら、あなたはその通りに願っていなくても、彼氏の判断に任せることになります。「最終決定は彼氏でいい。自分で決め、自分で判断し、彼氏の夢を叶えることは私にとっても重要」と真剣に考えられているのであればいいのですが、「こんなふうにふるまえなきゃ彼女じゃない!」と思って必死になってしまっているなら、それはあなたの問題です。

もし、あなたが彼氏の決断を聞いて応援しようと思えなければ、それを伝えていいのです。彼氏のすべてを受け入れ、なおかつ支え続ける必要などありません。まずは自分、そして次に彼氏です。なにを大事にするのか理解できていることが重要!忘れずにいましょう。

感情的にならずに冷静な自分でいる

特に恋が始まったばかりの頃。彼氏に会いたくて、頭の中が彼氏のことだらけ。こんな感情になった経験をした人は多いのではないでしょうか。

「送ったメッセージの返事は、はせめて次の日にはほしい」「ほかの女の子と出かけるなんで、良い気分なんてしない!」こういった気持ちは、冷静に振舞って「伝えない」をすることばかりがいいのではないのです。

あなたが気持ちを伝えることで、愛の絆が深まることになることもあるのですよ。自分の気持ちを表に出すことを必要以上に怖がらないで!あなたの素直な気持ちだからこそ、好きな人には知っておいてほしいと思いませんか。