言っちゃダメ!彼との喧嘩の際に言ってはいけないNGワードとは?

あなたは、彼との喧嘩を上手に収めることができますか?

ついつい感情的になって、思ってもないことを言って別れに発展...なんて失敗をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

長年付き合っていると、喧嘩の一つや二つが出てくるのは当たり前。

そんな喧嘩も愛情を深めるためにも必要なのですが、その中でも彼に対して言ってはいけないワードが3つあります。

そこで今回は、彼との喧嘩の際に言ってはいけないNGワードを3つ紹介しますね。

言っちゃダメ!彼との喧嘩の際に言ってはいけないNGワードとは?

では、彼との喧嘩の際に言ってはいけないNGワードを3つ紹介します。

次の3つの言葉を言ってしまったら、別れに発展して取り返しのつかないことになってしまう可能性も...

ぜひ喧嘩の際には、一呼吸置いて言葉をしっかり選んでくださいね。

1:あなたと付き合わなければよかった!

1つ目は「あなたと付き合わなければよかった!」です。

つい感情的になり、「こんなことになるなら、あなたとなんて付き合わなければよかった!」と言ってしまったことはありませんか?

これを言われた彼は落胆し、「あーじゃあもういいよ...」と別れを決意してしまうことでしょう。

もしあなたにその気が無かったとしても、一度言ってしまった言葉は取り消すことができません。

別れを考えていないのであれば、口が裂けてもこの言葉は発してはいけません。

2:私は絶対に悪くない!

2つ目は「私は絶対に悪くない!」です。

もし、喧嘩の理由が彼の浮気だったとしても「私は絶対に悪くない!」と言ってはいけません。

私は絶対に悪くないと言ってしまうと、彼も意地になってしまいなかなか喧嘩が収まることはないでしょう。

喧嘩の理由が浮気だったとしたら、確かに彼が悪いのもありますが、彼の心をつなぎとめておけなかったあなたにも原因があるかもしれません。

お互いに悪かったところを話し合い、喧嘩を収めてくださいね。

3:元カレだったらこんなことしない!

3つ目は「元カレだったらこんなことしない!」です。

まず、喧嘩に第三者を持ち込んではいけませんよね。

喧嘩はあなたと彼の問題なので、誰かを喧嘩の話題に出してしまうのはNGです。

そしてその相手が元カレというのはもっと最悪で、彼は「じゃあ元カレと付き合えよ...」とうんざりしてしまうことでしょう。

男性は他の誰かと比較されるのが苦手です。

元カレの話題は、男性にしないようにしましょうね。

まとめ:喧嘩を上手に収めて長く付き合っていこう♡

今回は、喧嘩の際に言ってはいけないNGワードを3つ紹介しました。

ぜひあなたも、彼との喧嘩の際にはNGワードを言わないようにしてくださいね。