恥ずかしい...一緒にいると恥ずかしいと思われてしまう女性の特徴とは?

あなたは、「2回目のデートになかなか誘われない」「1回目のデートで何かしてしまったかな?」と思ったことはありませんか?

1回目のデートで「いい感じ!」と思ったのにもかかわらず、なぜか2回目のデートになかなか誘われなかったりフェードアウトされてしまったり...「私が一体何をしたの?!」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

しかしそれは、もしかしたら男性から「一緒にいて恥ずかしい...」と思われてしまったことが原因かもしれません。

そこで今回は、一緒にいると恥ずかしいと思われてしまう女性の特徴を3つ紹介します。

一度「一緒にいると恥ずかしい」と思われてしまうと、次のデートはなかなか難しいもの。

ぜひデートの際には、次の3つを気をつけてみて!

恥ずかしい...一緒にいると恥ずかしいと思われてしまう女性の特徴とは?

では、一緒にいると恥ずかしいと思われてしまい女性の特徴を3つ紹介します。

ぜひ、男性から一緒にいて恥ずかしい女性と認定されないよう、最低限次の3つのことは守ってくださいね!

1:言葉遣いが汚い

1つ目は「言葉遣いが汚い」こと。

あなたは、「すげー!」「ちょーウケる!」「マジやばくない?」など、汚い言葉を使ってしまっていませんか?

このような汚い言葉を使っていいのは10代の学生時代まで。

20代、30代と大人の女性になるにつれて、このような言葉からは卒業しなければなりません。

20代、30代になってもこのような言葉を使っていると、男性から「恥ずかしいな...」と一線引かれてしまうことでしょう。

常日頃から、言葉遣いを丁寧にしてみてくださいね。

2:ゴミのポイ捨てなどマナーがなっていない

2つ目は「ゴミのポイ捨てなどマナーがなっていない」こと。

あなたは、しっかりとマナーを守って生活していますか?

男性の目の前でゴミのポイ捨てなどをした場合、男性はあなたに対して幻滅すること間違いなし。

そして、「この子一緒にいて恥ずかしすぎる...」と距離を置かれてしまいます。

他にも、電車の中で大股を広げて座ったり他の人の迷惑になるような行動は、男性から一緒にいたくないと思われてしまうため、マナーを守って生活しましょう。

3:持ち物がボロボロ

3つ目は「持ち物がボロボロ」なこと。

靴のヒールが削れていたり汚れていたり、バッグが破れてボロボロだったり...あなたはそんな持ち物をデートに持って行っていませんか?

持ち物がボロボロな女性と一緒に歩きたい!と思う男性はいません。

ぜひ持ち物が少しくたびれていたり汚れている場合には、買い替えたりクリーニングに出したりと、持ち物にもしっかりと気を配りましょう。

まとめ:男性から恥ずかしいと思われる女性にはならないで!

今回は、男性が一緒にいて恥ずかしいと思う女性の特徴を3つ紹介しました。

ぜひあなたも、男性から一線引かれないよう気をつけてくださいね!