初めましてが超重要!「また会いたい」と思ってもらうためのテクとは?

マッチングアプリや友達の紹介、婚活サイトなど、今では様々な出会いの形があり、「初めまして」の機会も増えてきましたよね。

今は、職場の人や友達から恋人になるというよりも、恋愛目的の「初めまして」の出会いからお付き合いするなんて人が多いのではないでしょうか。

しかし、そんな初めましての機会に超重要なのが「また会いたい」と思ってもらえるかどうか。

また会いたいと思って思わなければ、その出会いは失敗に終わってしまいます...

そこで今回は、また会いたいと思ってもらうためのテクニックを3つ紹介していきますね。

初めましてが超重要!「また会いたい」と思ってもらうためのテクとは?

では、また会いたいと思ってもらうためのテクニックを3つ紹介していきます。

ぜひこれから初めましての機会があるという女性は、次の3つのテクニックを駆使してみてください♡

きっとまた会いたいと思ってもらえるはずですよ!

1:最低限の礼儀やマナーを忘れない

1つ目は「最低限の礼儀やマナーを忘れない」こと。

男性が一緒にいたいと思う女性は、礼儀やマナーがしっかりできて一緒にいても恥ずかしくない女性。

そのため、2回目につなげたい!という場合には、礼儀やマナーをしっかり初対面の時に押さえておきましょう。

「ありがとう」を伝えたり、ご飯デートであればできる限り綺麗な所作で食べたり...

最低限をしっかり守って、男性に好感を抱かせて!

2:男性の話に興味を持つ

2つ目は、「男性の話に興味を持つ」こと。

男性が自分の話をしてくれているときは、あなたに自分のことを知ってもらいたい!という意思表示。

そんな男性の話にも興味を持ち、しっかりと話を聞きましょう♪

「話に興味がありますよ」と態度で示すために有効なのが、「相槌をする」というテクニック。

「うんうん」とうなづいたり、「それでどうなったの?」と話を深掘りしてみたり。

あなたに興味があるよということを、男性に行動で伝えてみて♪

3:「今度は」と次回をほのめかす

3つ目は「今度はと次回をほのめかす」こと。

2回目のデートがあるかないか不安に思っているのは、女性だけでなく男性も同じ。

「俺はすごくタイプだなと思うけど、この子はどう思ってるんだろう...」と、デート中に不安に思っている男性も多いものです。

そこで使うテクニックは「次は○○しましょうよ〜」と次回をほのめかす言葉を伝えること。

次回をほのめかす言葉を使えば、「2回目も誘っていいんだ!」と男性の気持ちも楽になりますよ♪

まとめ:男性からの2回目のデートを掴んじゃおう!

今回は、また会いたいと思ってもらうためのテクニックを3つ紹介しました。

ぜひ初めましての貴重な機会を、しっかり掴んでいきましょう♪