恋愛がうまくいく秘訣、アタッチメントタイプって知ってますか?

アタッチメントとは、恋愛心理学でよく使われる言葉です。恋人や恋愛に対してどれほどの愛着をもっているのかという意味で使われます。そして、このアタッチメントタイプが違いすぎてしまうと、どれほどあなたも恋人も素敵な人であっても恋愛がうまくいかないという状況が生まれやすいのです。

アタッチメントにはタイプがある

この恋愛心理学でいうアタッチメントは、3つに分けられるといわれています。その3つとは、「安定型」「回避型」「不安型」です。では、それぞれのアタッチメントの特徴をご紹介しましょう。

アタッチメントが安定型のタイプとは?

アタッチメントの3つのタイプのなかでは、1番一般的であり理想的なパターンです。他人に何かをお願いすることも、反対に頼られることも抵抗なくできるため、自分に自信がなくて孤独さを感じることはありませんし、他人のことを必要以上に心配しすぎてしまうようなこともなく、気持ちが安定しているといえます。

このようなパターンの人は、恋愛を含めた人間関係全般において、お互いを尊重し合い、プライバシーに首を突っ込むようなこともなく、バランスのよい恋愛関係を築くことができます

アタッチメントが回避型のタイプとは?

アタッチメントのなかの回避型は、文字通り、相手を回避しようという気持ちが働いてしまいます。ある人と親しくなることに抵抗はないのですが、あまりにも親しくなりすぎてしまうと、不安感や違和感を抱いてしまうのです。

まったく知らない人と親しく成る際には、誰でも不安感や違和感を抱いてしまうものですが、アタッチメントが回避型の人は、あまり知らない人はもちろん、友人の友人という関係性がはっきりした人にでも、同じような気持ちを抱いてしまうところが特徴です。人を信頼する、人から信頼される、こういったことが負担になり、相手との一定の距離を保ちたくなってしまうので、恋愛も思い通りに進まないという傾向があります。

アタッチメントが不安型のタイプとは?

こちらも文字通り、アタッチメントが不安型の人は、相手に対して強い不安感を抱いてしまいます。親しくなっても「本当にこの人は私と親しくなりたいと思っているのかな?無理をしているんじゃないかな」と考えてしまうのです。

また、他のパターンも持ち合わせています。恋人になった相手には「常に一緒にいてほしい」という気持ちとともに不安感を抱いてしまうというかたちもあります。

彼氏も同じように一緒にいることに対して抵抗を示さないのであればいいのですが、男性はひとりの時間を大切にする傾向があるので、重い女だと思われて別れを告げられることもあるでしょう。